「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

絶対音感と相対音感とフーリエ変換(其の十八)

 

ここで、

「周波数と音名と階名の関係性」

について改めて考えてみたいと思います。

 

f:id:raykawamoto:20160309123532g:plain

 

上図は何となく私が予想する一般的なイメージですが、
実際には周波数上、半音は等間隔に並んでいないため、
目盛りをそのままスライドしても目盛りが合いません。

 

f:id:raykawamoto:20160309123658g:plain

 

音律は周波数の「差」ではなく、「比」なので、
「スライド」ではなく、「伸縮」する必要があります。

 

f:id:raykawamoto:20160309123747g:plain

 

相対音感を言葉で説明するのは非常に難しいのですが、
この図はその本質を見事に体現しています。

まず、階名/移動ドの実体は単なる

「間隔尺度」

ではなく、音名/固定ドと同じく、

「絶対零点を持つ比率尺度(比例尺度)」

であることが分かります(音程計算にはこれを

「対数間隔尺度」

として利用していると考えられます)。

また、音名は階名(の無限に存在する縮尺率)の

「ある一時点を指しているに過ぎない」

ことが分かります。

だから、例えば階名の縮尺率が下図のような場合、
音名で測定するのは困難になります。

 

f:id:raykawamoto:20160325202911g:plain

 

「相対音感は2つの音を比べたとき、
 どちらが高いか?あるいはその音程が分かる能力」

と言った説明をしばしば見掛けることがありますが、
このように縮尺率(≒基本周期)を決定するためには、

「個々の音高、個々の音程」

と言ったミクロな単位ではなく、

「全体のバランス、音のまとまり(ゲシュタルト)」

と言ったマクロな単位で捉える必要があることからも、
相対音感は決してそのような単純な能力ではないこと、
そうした説明がいかに的を射ていないかが分かります。

確かに2つの音が提示されたとき、
その音程が分かると言う人も多いと思いますが、
実はその「2音」と言う関係性もまたゲシュタルト
言ってみれば、

「ゲシュタルトの最小構成単位」

なのでは?と言う話は以前にもした通りで、
決していきなりポンと音程だけが求まるのではなく、
基本周期が決定して初めて音程や階名が求まります。

これは、

「単位が決定して初めて物の量を測ることができる」

のと全く同じ道理です。

 

f:id:raykawamoto:20160328184148g:plain

 

ちなみにこの原理はリズムを捉える原理と全く同じです。

 

f:id:raykawamoto:20160309124133g:plain

 

音の高さとリズムでは一見全く異なる概念のようですが、
音の高さを表す周波数(1秒間の振動数)と言う単位は
周期(1回の振動に要する時間)の逆数を取ったもので、
実はどちらも

「時間」

と密接な関係にあります。

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)

(其の十一) (其の十二) (其の十三) (其の十四) (其の十五)

(其の十六) (其の十七) (其の十八) (其の十九) (其の二十)

(其の二一) (其の二二) (其の二三) (其の二四) (其の二五)