読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

移動ド超入門~絶対音感と相対音感の違い(其の五)

 

移調した曲が同じ曲として認識される現象を
人間が1次元ではなく、

「2次元のシステムで音を捉えている」

と考えた場合、「大きな疑問」が1つ残ります。

 

それは、(周波数)比を取るためにはまず比の基準、
つまり、

「縦軸(調)の決定」

が必要だと言うことです。

 

しかし、世の中には

「調(調性上の主音)」

と言う概念すら知らずに当たり前のように
移調した曲が同じ曲として認識される人も
決して珍しくないはずです。

 

どうやら人間には

「曲の中から調となる音を探し当てる能力」

例えるならば、

「調のピント自動調節機能」

が備わっていると考えられます。

 

f:id:raykawamoto:20150213202701g:plain

 

ただし、この機能が意識下ではなく、

「無意識下」

で働いているため、その存在に気付いていない人も
多いのではないでしょうか?

 

音楽理論上には「調」と言う概念が存在しますが、
実際の曲の中に

「この音が調です」

と分かるような目印が付いている訳ではありません。

 

にもかかわらず、結果的にこの

「調のピント自動調節機能」

によって多くの人が同じ音を調として探し当てるのは、
(そして、移調した曲を同じ曲として認識するのは)
よく考えたら「とても不思議なこと」だと思いませんか?

 

そして、この「調のピント自動調節機能」こそが正に

「相対音感」

だと私は考えています。

(次回に続く・・・)

 

関連記事 

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)

(其の十一) (其の十二) (其の十三) (其の十四) (其の十五)

(其の十六) (其の十七) (其の十八) (其の十九) (其の二十)