読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

絶対音感保持者からの反論(其の二十)


例えば「ウェーバー・フェヒナーの法則」における
人間の心理的な感覚の変化量さえ同じであれば、

「音楽的に等価と言えるでしょうか?」

 

相対音感(あるいは階名/移動ド)上、

「ドレミ」と「ファソラ」と「ソラシ」

はどれも定量的な変化量は変わりませんが、
もちろん音楽的には等価ではありません。

こうして考えると移調のもとでの等価性と言うのは、
決してトーン・ハイト上の定量的な変化ではなく、

「トーン・クロマ上の定性的な変化が完全に一致」

したときに成立すると言えるでしょう。

 

もし人間の感覚が周波数の定量的な変化だけを
捉えていたならば、

「音楽はもっと味気ないもの」

になっていたのではないでしょうか?

そういった意味で音楽にとってはこの定性的な変化、
言い換えれば、

「調性」

が非常に重要だと私は考えています。

 

だから、もし仮に

「協和」

と言う定性的な概念を経由せず、

「高さ」や「変化量」

と言った定量的な概念で直接「聴音」
あるいは「音取り」が行われているとしたら、

「それは音楽とは似て非なる全く別の行為」

になってしまうのではないでしょうか?

高さや変化量と言った定量的な概念は、
協和と言う定性的な概念を具現化したときに
初めて確定され、そして表面的に現れる

「単なる見掛け上の概念に過ぎない」

だから、

「『正確な高さ』を具現化した結果、『協和』が得られる」

のではなく、

「『協和』を具現化した結果、『正確な高さ』が得られる」

そんなイメージを私は持っています。

 

ところでここで素朴な疑問です。

この定性的な感覚(トーン・クロマ)上、

「絶対と相対、この2つの考え方は両立するのでしょうか?」

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)

(其の十一) (其の十二) (其の十三) (其の十四) (其の十五)

(其の十六) (其の十七) (其の十八) (其の十九) (其の二十)

(其の二十一) (其の二十二) (其の二十三) (其の二十四)