読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

絶対音感保持者からの反論(其の七)

音感の正体

 

例えば音痴な人が笑点のテーマ』を口ずさんだとします。

音痴の度合いにもよりますが、
おそらくそれを聴いた多くの人は
笑点のテーマ』と判断するのではないでしょうか?

また、長調の『笑点のテーマ』を短調に編曲した場合、
もちろん曲の雰囲気はガラッ変わりますが、
笑点のテーマ』と判断するのではないでしょうか?

さらに勘のいい人は、

「たんたかたかたかっ、たんったんっ」

のようなリズムを聴いただけでも
笑点のテーマ』と判断するのではないでしょうか?

 

ちなみに前回の写真の例で言えば、
「リズム」「輪郭」に相当する判断基準に
例えられるのではないでしょうか?

こうして考えると、
移調された曲が同じ曲だと分かったからと言って、

「イコール相対音感がある」

とは必ずしも言えないようです。

 

音楽的に「同じ」と言えば、それは

「移調のもとでの等価性」

言い換えれば、

「階名(移動ド)が完全に一致」

することを意味しますが、

「移調のもとでの等価性が保たれているから等価」

なのではなく、

「人間がそれを実際に等価と感じるような仕組み、
 つまり相対音感で音を認知しているからこそ等価になる」

と私は考えています。

 

絶対音感神話: 科学で解き明かすほんとうの姿 (DOJIN選書)

絶対音感神話: 科学で解き明かすほんとうの姿 (DOJIN選書)

 

 

ところで、宮崎謙一教授の『絶対音感神話』において、
移調条件下でのメロディ比較における正答率が
絶対音感群と比べ、

絶対音感群のほうが低い」

言い換えれば、絶対音感群のほうが

「移調のもとでの等価性の判別が不正確」

と言う実験結果が出ていますが、

「みなさんはこの結果をどう考察しますか?」

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)

(其の十一) (其の十二) (其の十三) (其の十四) (其の十五)

(其の十六) (其の十七) (其の十八) (其の十九) (其の二十)

(其の二十一) (其の二十二) (其の二十三) (其の二十四)