「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

17/10/18 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の四)」
17/10/11 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の三)」
17/10/04 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(平均律編)」
17/09/27 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の二)」
17/09/20 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の一)」
17/09/13 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(純正律編)」
17/09/06 「絶対音感テスト アラカルト(難易度★~★★★★★)」
17/08/30 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音) 機能追加のお知らせ(8/30)」
17/08/23 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音)」
17/08/16 「50秒でできる絶対音感テスト(無調旋律)」
17/08/09 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て(解説編)」
17/08/02 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(8/2)」
17/07/26 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(7/26)」
17/07/19 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て」
17/07/12 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(解説編)」
17/07/05 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長音階)」
17/06/28 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長三和音)」
17/06/21 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の五)」
17/06/14 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の四)」
17/06/07 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の三)」
17/05/31 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の二)」
17/05/24 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の一)」
16/09/18 「Web Audio API版 絶対音感&相対音感アプリ メニュー」

絶対音感保持者からの反論(其の六)

 

では、みなさんに質問です。

「次の2つの写真は同じ写真ですか?」

f:id:raykawamoto:20150429190840j:plain

 

右の写真は左の写真のRGBを入れ換えたものですが、
2つの写真は

「雰囲気は違えど、元は同じ写真」

であることが分かります。

 

今回、反論者の方から

「移調された曲も同じ曲だと分かる」

との主張がありましたが、その一方で
絶対音感保持者の中には調が変わると雰囲気が変わる、
いわゆる

「調性格」

を感じると主張する人もいます。

 

調性格を感じると言うことは、調が変わることで

「何らかの差異が生じている」

と言うことです。

つまり、ある次元では「同じ」と判断している一方、
ある次元では「違う」と判断していることになります。

 

こうして考えると一口に「同じ」と言っても、
その判断基準は決して1つではないことに気付きます。

ちなみに上掲の2つの写真の例で言えば、
一番の判断基準は「輪郭」ではないでしょうか?

 

では移調の際、

「どの次元で同じ曲と判断され、
 どの次元で調によって差異、つまり調性格が生じているのか?」

この辺りの判断基準を合理的に説明できる人はいますか?

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)

(其の十一) (其の十二) (其の十三) (其の十四) (其の十五)

(其の十六) (其の十七) (其の十八) (其の十九) (其の二十)

(其の二十一) (其の二十二) (其の二十三) (其の二十四)