「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

17/10/18 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の四)」
17/10/11 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の三)」
17/10/04 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(平均律編)」
17/09/27 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の二)」
17/09/20 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の一)」
17/09/13 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(純正律編)」
17/09/06 「絶対音感テスト アラカルト(難易度★~★★★★★)」
17/08/30 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音) 機能追加のお知らせ(8/30)」
17/08/23 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音)」
17/08/16 「50秒でできる絶対音感テスト(無調旋律)」
17/08/09 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て(解説編)」
17/08/02 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(8/2)」
17/07/26 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(7/26)」
17/07/19 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て」
17/07/12 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(解説編)」
17/07/05 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長音階)」
17/06/28 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長三和音)」
17/06/21 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の五)」
17/06/14 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の四)」
17/06/07 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の三)」
17/05/31 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の二)」
17/05/24 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の一)」
16/09/18 「Web Audio API版 絶対音感&相対音感アプリ メニュー」

絶対音感保持者からの反論(其の四)

 

絶対音感

「音名(固定ド)の『ド』を『ド』」

と感じます。一方、相対音感は

「階名(移動ド)の『ド』を『ド』」

と感じます。

本ブログでは何度も取り上げていますが、
この変化は絶対音感訓練時における

「移調のミス」

と呼ばれる現象に顕著に現れます。

 

まずは、

「この違いをそのまま素直に仮説にすればよいのでは?」

と感じるのは私だけでしょうか?

どうして今までこうした仮説が存在しなかったのかが
逆に不思議なくらいです。

 

と言う訳で、私の仮説はとてもシンプルです。

絶対音感と相対音感の違いは、

ゲシュタルトの基準(観測点)の違い」

言い換えれば、

「周波数比を捉える基準の違い」

その一点だけです(詳細は後述)。

 

逆に言えば、それ以外は絶対音感も相対音感も

「同じ仕組み」

だと言うこと、だから絶対音感と相対音感とで
同じような感覚を共有できたとしても、

「何ら不思議ではない」

と私は考えています。

 

絶対音感と聞くと、何か普通の人にはない

「プラスαの全く違う特殊な能力で音を捉えているのでは?」

そんなイメージを持っている人も多いかも知れませんが、
同じ人間同士、同じ感覚器官を使って
全く違う仕組みで音を捉えていると考えるよりは、
むしろ無理のない自然な仮説だと思いませんか?

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)

(其の十一) (其の十二) (其の十三) (其の十四) (其の十五)

(其の十六) (其の十七) (其の十八) (其の十九) (其の二十)

(其の二十一) (其の二十二) (其の二十三) (其の二十四)