「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

絶対音感と相対音感のアルゴリズムを考える(其の十七)

 

相対音感は、

周波数[i] = 周波数[i - 1] * 音程[i]; //処理1

のように直前の音(周波数[i - 1])ではなく、

周波数[i] = 調 * 移動ド[i]; //処理2

のように、

「調(調性上の主音)を基準として音高計算」

しているのでは?と言う話を前々回しましたが、
おそらく世の中には、

「直前の音との音程が与えられれば音を取れる」

と言う人も珍しくはないと思います。

 

このとき、2つの可能性が考えられますが、
1つは処理1のように、

「直接周波数を音程操作」

するのではなく、

移動ド[i] = 移動ド[i - 1] * 音程[i];
周波数[i] = 調 * 移動ド[i]; //処理2

このように一旦、

「移動ドの概念上で音程操作」

してから処理2に引渡す、これなら処理1のように、

「ただ漠然と音が上がり下がりする」

のではなく、常に調(調性上の主音)を意識しつつ、

「移動ドの概念上を音が上がり下がりする」

結果的に調性が生じることにもつながります。

 

実際のところ相対音感では、

「全全半全全全半」よりも「ドレミファソラシド」

つまり、

「直前の音との音程よりも移動ド」

のほうが音を取りやすいのではないでしょうか?

これは相対音感が最終的に音高計算を行う処理2で
必要とする情報が「直前の音との音程」ではなく、

「調(調性上の主音)との音程、つまり移動ド」

で、移動ドの情報を直接処理2に引渡しさえすれば、

「その直前の音程操作が不要になる」

からです。

 

次にもう1つの可能性ですが…

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)

(其の十一) (其の十二) (其の十三) (其の十四) (其の十五)

(其の十六) (其の十七) (其の十八) (其の十九) (其の二十)

(其の二一) (其の二二) (其の二三) (其の二四) (其の二五)