読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

絶対音感と相対音感のアルゴリズムを考える(其の十六)

 

相対音感は、

「転調、あるいは無調に弱い」

と言われていますが、もし相対音感が、

「直前の音に対してどれだけ音が上下したか?」

プログラムに例えるなら、

音程[i] = 周波数[i] / 周波数[i - 1]; //処理3

こんなイメージで聴音しているのであれば、
調が聴音に影響を与えることは一切ないので、
転調や無調で迷子になることもないはずです。

 

また、このように基準がコロコロ変わってしまったら、
効率が悪いのと同時に、

「曲を通しての一貫性」

が失われてしまいます。

曲を通して同じ高さの音には一貫して同じ音楽的役割、
いわゆる、

「調性が生じるためには基準が固定」

されている必要があります。

そもそも、

「直前の音」

が指す内容自体も曖昧で例えばメロディではなく、
コードのように複数の音が同時に鳴っている場合、
一体どの音が「直前の音」になるのでしょうか?

 

前回同様、聴音も直前の音ではなく、

「調(調性上の主音)を基準」

として考えると、

移動ド[i] = 周波数[i] / 調; //処理4

例えばこんなプログラムイメージになりますが、
この場合は調が聴音に密接に関係しているため、
転調や無調で迷子になることも説明が付きます。

また、曲を通して基準が固定されているため、
一貫性も保たれます。

 

ちなみに、

・音 度…主音との音程
・階 名…音度に名前を付けたもの
・移動ド…「ドレミ」を階名のシラブルとした場合
・調 性…音度が持つ音楽的な役割(主音、導音等)

これらは全て、

「対主音との関係性(振動比)」

を表し、本質的に指しているものはどれも同じで、
処理4のように移動ドが求まると言うことは、

「調性が生じる」

ことにつながります。

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)

(其の十一) (其の十二) (其の十三) (其の十四) (其の十五)

(其の十六) (其の十七) (其の十八) (其の十九) (其の二十)

(其の二一) (其の二二) (其の二三) (其の二四) (其の二五)