「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

17/09/20 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の一)」
17/09/13 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(純正律編)」
17/09/06 「絶対音感テスト アラカルト(難易度★~★★★★★)」
17/08/30 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音) 機能追加のお知らせ(8/30)」
17/08/23 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音)」
17/08/16 「50秒でできる絶対音感テスト(無調旋律)」
17/08/09 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て(解説編)」
17/08/02 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(8/2)」
17/07/26 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(7/26)」
17/07/19 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て」
17/07/12 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(解説編)」
17/07/05 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長音階)」
17/06/28 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長三和音)」
17/06/21 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の五)」
17/06/14 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の四)」
17/06/07 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の三)」
17/05/31 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の二)」
17/05/24 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の一)」
16/09/18 「Web Audio API版 絶対音感&相対音感アプリ メニュー」

絶対音感と相対音感のアルゴリズムを考える(其の六)

 

機械的に「ド」の音を判別させようとしたとき、
もし特定の音の高さ(周波数)に

「『ド』と言う性質が存在する」

のであれば、その周波数を「ド」と判定するだけで、
何も難しいことはないはずです。

しかし、実際には「ド」が指し示す周波数は
ピッチによって変わる、つまり周波数自体に

「『ド』と言う性質は存在しない」

ことになります。

 

「聴音の原理は割り算」と考えると、何を「ド」と、
つまり、

「何を除数(単位)とするか?」

は結局のところ、

「聴き手に依存」

することで、それは固定ドも移動ドも変わりません。

そういう意味では一口に絶対音感と言っても、

・A=440Hzの音名「C」 を除数とする人
・A=442Hzの音名「C」 を除数とする人
・A=440Hzの音名「B♭」を除数とする人

等々がいて、同じ曲を聴いてもそれぞれ聴こえ方は
違ってくると考えられます。

この聴こえ方の違いはフラベリック錠の副作用、
あるいは加齢で音感が狂った経験のある人であれば
身をもって体感しているのではないでしょうか?

では、

「どの絶対音感が正しいと言えるでしょうか?」

 

音自体に「ドレミ」に対応した物理的な性質があって、
訓練によってその性質を認識できるようになると
思っている人もいるかも知れませんが、

「『ドレミ』は物理量ではなく、心理量」

で、

「その心理量の基準となる単位を何にするか?」

あるいは、

「その基準を固定するか?変動するか?」

は、

「聴き手に依存」

しているのではないでしょうか?

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)

(其の十一) (其の十二) (其の十三) (其の十四) (其の十五)

(其の十六) (其の十七) (其の十八) (其の十九) (其の二十)

(其の二一) (其の二二) (其の二三) (其の二四) (其の二五)