「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

17/12/13 「零式相対音感トレーニング~旋法聴音」
17/12/06 「絶対音感テストでも相対音感テストでもない ただの可聴域テスト(解説編)」
17/11/29 「絶対音感テストでも相対音感テストでもない ただの可聴域テスト」
17/11/22 「零式相対音感トレーニング~和音聴音(解説編)」
17/11/15 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/15)」
17/11/08 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/8)」
17/11/01 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/1)」
17/10/25 「零式相対音感トレーニング~和音聴音」
17/10/18 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の四)」
17/10/11 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の三)」
17/10/04 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(平均律編)」
17/09/27 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の二)」
17/09/20 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の一)」
17/09/13 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(純正律編)」
17/09/06 「絶対音感テスト アラカルト(難易度★~★★★★★)」
17/08/30 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音) 機能追加のお知らせ(8/30)」
17/08/23 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音)」
17/08/16 「50秒でできる絶対音感テスト(無調旋律)」
17/08/09 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て(解説編)」
17/08/02 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(8/2)」
17/07/26 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(7/26)」
17/07/19 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て」
17/07/12 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(解説編)」
17/07/05 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長音階)」
17/06/28 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長三和音)」
17/06/21 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の五)」
17/06/14 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の四)」
17/06/07 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の三)」
17/05/31 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の二)」
17/05/24 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の一)」
16/09/18 「Web Audio API版 絶対音感&相対音感アプリ メニュー」

5度音列による長音程、短音程の見分け方(其の五)

 

【5度音列による長音程、短音程の見分け方】

5度音列を「ファ<ド<ソ<レ<ラ<ミ<シ」とすると、
2音X、Y(低い音をXとする)は、

 X<Yなら長音程(5度は完全、4度は増音程)
 Y<Xなら短音程(4度は完全、5度は減音程)

 

この判断条件は簡単に言えば、

「5度音列上、YがXよりも右 or 左にあるか?」

で、場合分けで考えるとハッキリします。

 

X=「ファ」の場合 完長長長長増
ファドソレラミシ
X=「ド」の場合 完長長長長
ファソレラミシ
X=「ソ」の場合 短完完長長長
ファドレラミシ
 
X=「レ」の場合 短短完完長長
ファドソラミシ
 
X=「ラ」の場合 短短短完完長
ファドソレミシ
 
X=「ミ」の場合 短短短短完
ファドソレラ
X=「シ」の場合 減短短短短完
ファドソレラミ
   ⑤   ⑥  

赤:X<Y青:Y<X

 

この表から、

X=「ファ」ならYは常にXより右に(つまりX<Y)①
X=「シ」ならYは常にXより左に(つまりY<X)②

結果的に前回も書いた通り、

「ファ○」は全て長音程(5度は完全、4度は増音程)
「シ○」は全て短音程(4度は完全、5度は減音程)

また、

「ド○」は全て長音程(5、4度は完全音程)③
「ミ○」は全て短音程(4、5度は完全音程)④

さらに、転回音程の法則からも導き出せますが、
表を縦に見ると、

○」は全て音程(度は完全音程)
「○」は全て音程(度は完全音程)⑤

○」は全て音程(度は完全音程)
「○」は全て音程(度は完全音程)⑥

になることが分かります。

 

なお、5度音列は完全5度を積み重ねているので、
「ファドソレラミシ」の両隣の4度、5度は当然、
全音程になりますが、両端の「ファシ」間だけは、

「ファシ」は増4度、「シファ」は減5度

になります。

ちなみに4度音列「シミラレソドファ」を使って、

「4度音列上、YがXよりも左 or 右にあるか?」

と考えても全く同じ結果が得られます。

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八)