読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

コレって相対音感テスト?(其の二)

 

では、

【パターン1】2音X、Y間の音程を答えるタイプ

を具体的な例で検証してみましょう。

 

ここでX=音名「D」、Y=音名「A」とします。

このとき、相対音感の場合はおそらく

X=階名「ド」、Y=階名「ソ」

と認知されることが多いのではないでしょうか?

 

この現象を周波数比(クロマ)の観点から見ると、
周波数比を捉えるための基準がX、つまり音名「D」にセットされ、

Xには周波数比1:1が生み出す感覚、つまり「ド」のクロマ
Yには周波数比2:3が生み出す感覚、つまり「ソ」のクロマ
(便宜上、周波数比は純正律で表記してあります。以下同様)

が生じると考えられます。

 

実際には必ずしもX=階名「ド」と認知される訳ではなく、

・XとYの音程
・XとY、どちらの音が高いか?
・XとYを聴く前に聴いた音

等の条件によって、Yが階名「ド」と認知されることもあれば、
XもYも階名「ド」以外の音として認知されることもあるでしょう。

 

さらに、高度な相対音感を持った人は自分でコントロールして、
強制的にX(またはY)を階名「ド」(もしくは階名「ド」以外の音)
としてイメージすることもできるでしょう。
(この能力については【パターン3】で取り上げる予定です)

 

そして、音程を答えるにはやはり「Y-X」と
論理的に計算することになりますが、
X=階名「ド」であれば、

「ソ」=「完全5度」

と分かるので、実際に計算すると言う意識はないかも知れません。

 

では、絶対音感の場合はどうでしょうか?

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九)