読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

絶対音感のカラクリ~「ド」は「ド」(其の七)

 

全く同じ演奏を聴いているにもかかわらず、

Bさんはハ長調の調性格、Aさんはロ長調の調性格

と2人が異なる調性格を感じ取ると言う前回のケース
一見矛盾しているように感じる人も多いかも知れませんが、
実は何の矛盾もありません。

 

おそらく、これを矛盾していると感じる人は、

「調性格は曲から生じるもの」

と言う先入観にとらわれているのではないでしょうか?

 

2人が同じ演奏から異なる調性格を感じ取ると言うことは、

「その曲自体にハ長調ロ長調)の調性格がある訳ではない」

ことは明らかです。

 

そもそも「調」と言う概念は、
「其の四」で取り上げた「音名」と同じで、

「基準ピッチ」

を伴って初めて物理的性質(周波数)が定まります。

 

つまり、ある曲が何調であるかは、

「基準ピッチと調の組み合わせ次第」

で、論理的には何調とでも言い表すことができます。

そして、ある曲を論理的に何調と言い表したところで、

「その曲の物理的性質が何ら変わることはありません。」


では、

「調性格はどこから生じるのか?」

一見難解そうなこの問題も、

「調性格は曲から生じるもの」

と言う先入観さえ取り除いてしまえば、
必然的に答えは1つしかありません。

(次回に続く・・・)

 

絶対音感のカラクリ~「ド」は「ド」

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)

(其の十一) (其の十二) (其の十三) (其の十四) (其の十五)

(其の十六) (其の十七) (其の十八) (其の十九) (其の二十)

(其の二十一)