読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

「絶対音感は左脳が発達」のウソ(後半)

音感の正体

 

前半に登場した「サイエンス」誌の記事は1995年のものでした。

 

そして2001年、Julian Paul Keenan博士が

「Absolute Pitch and Planum Temporale」(←原文のPDFにリンク)

と言う論文の中で、

絶対音感者の脳(側頭平面)の左右差は右脳の"pruning"によって起こる」

と言う研究結果を発表しています。

 

"pruning"には「剪定」(枝を刈る)と言う意味があるようですが、
ここでは発達の「抑制」「阻害」と言った意味合いに
近いかも知れません。

 

英語が分からない人もPDFの4ページ目の画像を見れば
(上が絶対音感音楽家、下が絶対音感の音楽家で右が右脳)、

 

絶対音感者の右脳が明らかに小さいこと」

 

が確認できると思います(右下の赤い部分、AP=絶対音感)。

 

この論文は『音と文明 音の環境学ことはじめ』(大橋力さん著)で
分かりやすく取り上げられています。

 

音と文明―音の環境学ことはじめ ―

音と文明―音の環境学ことはじめ ―

 

 

絶対音感」「左脳」「2倍」のキーワードで
ヒットしたサイトを要約すると、

絶対音感者の左脳はそうでない人の2倍に発達
・それが科学的に立証されている
絶対音感教育は左脳だけでなく、右脳も発達する

だそうですが、私には「サイエンス」誌の記事から
そのような内容は読み取れません。

 

また、Keenan博士の論文と併せて考えると、

絶対音感者の左脳はそうでない人と比べ、少しだけ大きい
 (ただし、統計的有意差はない)
・統計的な検証であって、まだ科学的には立証されていない
絶対音感教育は右脳の発達を阻害する疑いがある

と全く反対の内容が読み取れます。

 

もし将来、

絶対音感教育は右脳の発達を阻害する」

と科学的に立証されたとしたら、
みなさんはそれでも絶対音感を手に入れたいと思いますか?

 

クロマで迫る音感の正体 ~絶対音感の終焉~

クロマで迫る音感の正体 ~絶対音感の終焉~

 

 

本書では本記事とはまた違った視点から
絶対音感の問題について言及しています。

興味のある方は是非読んでみてください。

(次回に続く・・・)

 

絶対音感は左脳が発達」のウソ

(前半) (後半) (まとめ) (補足)

 

続「絶対音感は左脳が発達」のウソ

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)