「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

17/10/18 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の四)」
17/10/11 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の三)」
17/10/04 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(平均律編)」
17/09/27 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の二)」
17/09/20 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の一)」
17/09/13 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(純正律編)」
17/09/06 「絶対音感テスト アラカルト(難易度★~★★★★★)」
17/08/30 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音) 機能追加のお知らせ(8/30)」
17/08/23 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音)」
17/08/16 「50秒でできる絶対音感テスト(無調旋律)」
17/08/09 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て(解説編)」
17/08/02 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(8/2)」
17/07/26 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(7/26)」
17/07/19 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て」
17/07/12 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(解説編)」
17/07/05 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長音階)」
17/06/28 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長三和音)」
17/06/21 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の五)」
17/06/14 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の四)」
17/06/07 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の三)」
17/05/31 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の二)」
17/05/24 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の一)」
16/09/18 「Web Audio API版 絶対音感&相対音感アプリ メニュー」

固定ド/音名教育と天動説(其の五)

 

音名「C」を基準音として固定ド(音名)で「ソラシ」

と視唱するのと、

音名「G」を基準音として移動ド(階名)で「ドレミ

と視唱するのでは、「結果的」にはどちらも同じ

音名「GAB」

の音高が得られます。

純正律では微妙に音高が違ってきますが、
 ここでは音律による誤差は考慮しないものとします。

みなさんの中にドレミファソラシド」を単なる

「全全半全全全半」

と言う

「音程を測るだけの定規」

だと考えている人はいませんか?

また、正しく音程を測ることができれば基準をどこに
合わせても同じことだと考えている人はいませんか?

 

その理屈なら転調が頻繁にある曲でも無調音楽でも
全て固定ドで視唱すれば事足りるかも知れません。
確かに「表面的」にはそれでも正しい音高は得られます。

しかし、重要なのは何よりもまず

「定規の基準を正しく合わせること」

だと私は考えています。

なぜなら、それが

「本来人間が音楽を認知する仕組みと同じ原理」

だと考えられるからです。

そして、この「定規の基準」となる概念が音楽理論では、

「調」

と呼ばれるようになります。

(次回に続く・・・)

 

クロマで迫る音感の正体 ~絶対音感の終焉~

クロマで迫る音感の正体 ~絶対音感の終焉~

 

 

定規の基準が合っていないとどうなるのでしょうか?
そこには、

「調性」

と呼ばれる概念が関係してきます。

本書ではその部分を図説を交えながら解説しています。
興味のある方は是非読んでみてください。

 

固定ド/音名教育と天動説

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六)