「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

固定ド/音名教育と天動説(其の五)

 

音名「C」を基準音として固定ド(音名)で「ソラシ」

と視唱するのと、

音名「G」を基準音として移動ド(階名)で「ドレミ

と視唱するのでは、「結果的」にはどちらも同じ

音名「GAB」

の音高が得られます。

純正律では微妙に音高が違ってきますが、
 ここでは音律による誤差は考慮しないものとします。

みなさんの中にドレミファソラシド」を単なる

「全全半全全全半」

と言う

「音程を測るだけの定規」

だと考えている人はいませんか?

また、正しく音程を測ることができれば基準をどこに
合わせても同じことだと考えている人はいませんか?

 

その理屈なら転調が頻繁にある曲でも無調音楽でも
全て固定ドで視唱すれば事足りるかも知れません。
確かに「表面的」にはそれでも正しい音高は得られます。

しかし、重要なのは何よりもまず

「定規の基準を正しく合わせること」

だと私は考えています。

なぜなら、それが

「本来人間が音楽を認知する仕組みと同じ原理」

だと考えられるからです。

そして、この「定規の基準」となる概念が音楽理論では、

「調」

と呼ばれるようになります。

(次回に続く・・・)

 

クロマで迫る音感の正体 ~絶対音感の終焉~

クロマで迫る音感の正体 ~絶対音感の終焉~

 

 

定規の基準が合っていないとどうなるのでしょうか?
そこには、

「調性」

と呼ばれる概念が関係してきます。

本書ではその部分を図説を交えながら解説しています。
興味のある方は是非読んでみてください。

 

固定ド/音名教育と天動説

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六)