「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

「調」と「モード」(其の七)

 

「調」に限らず、
その言葉が本来の意味とは違う形で使われてしまうのは、
絶対音感者と絶対音感者の周波数の捉え方、
つまりクロマの認知の仕方の違いが関係しているのでは?
と私は考えています。

 

その最たるものは、元々階名」を表していた

「ドレミファソラシド」

音名」としても使われるようになってしまったことでは
ないでしょうか?

 

「調性格」と言うものが実際存在するかどうかは
また別の議論になりますが、本来

調 ≠ 調性 ≠ 調性格

で、3つはそれぞれ明確に異なる概念ですが、
みなさんはこの3つの言葉を

調 ≒ 調性 ≒ 調性格

のように何となく曖昧に区別なく使っていませんか?

 

絶対音感は調性が分からない」

と言う人がいる一方、

ハ長調にはハ長調の調性が、ト長調にはト長調の調性があって、
 その違いを判別できる」

と言う絶対音感者もいますが、
後者が指しているものは調性ではありません

 

階名が分かると、調性(トーナリティ)が分かります。
階名と音名が分かると、調(キー)が分かります。
・音名だけ分かっても調も調性も分かりません。

 

そもそもクロマの認知の仕方が違っている時点で、
このように話に食い違いが出てくるのも
当然のことかも知れません。

(了)

 

「調」と「モード」

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七)