読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

「調」と「モード」(其の四)

 

では、「モード(旋法)」をトーン・クロマ次元から
考えてみましょう。

 

「調」を周波数を捉えるための基準、
つまりクロマを認知するための基準とすると、

「モードはクロマの組み合わせ」

と考えることができます。

 

例えばメジャーモード(長旋法)は

「ドレミファソラシ」

マイナーモード(短旋法)は

「ドレミ♭ファソラ♭シ♭」

の7つのクロマ(周波数)の組み合わせから
構成されています。

 

そして、このクロマの組み合わせの違いが
各モードに固有の響きを生じさせていると
考えられます。

 

なお、ここでマイナーモードが

「ラシドレミファソ」

でないことも非常に重要ですが、
それはまた別の機会に触れたいと思います。

 

クロマで迫る音感の正体 ~絶対音感の終焉~

クロマで迫る音感の正体 ~絶対音感の終焉~

 

 

本書ではマイナーモードがなぜ

「ラシドレミファソラ」

でないかについても言及しています。

興味のある方は是非読んでみてください。

(次回に続く・・・)

 

「調」と「モード」

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七)