読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

続「絶対音感は左脳が発達」のウソ(其の十)

音感の正体

 

「其の四」絶対音感訓練中の子供の例に出てきた

「移調のミス」

の現象ですが、実は音感を考える上で
非常に重要なヒントになると私は考えています。

 

絶対音感訓練の上では悪い傾向」とみなされているこの現象も
人間の成長過程から見れば正常な傾向」であり、
クロマ(周波数比)をスタティックではなく、
ダイナミックに捉えるようになる

「1つの能力の発現」

だと考えられます。

 

大人になっても移調のミスを起こさない、
つまり絶対音感を保持していると言うことは
結局のところ、

「この能力が発現していない」

と言うことではないでしょうか?

 

絶対音感訓練の中で「移調のミス」と称しているのは、
実は「ミス」でも何でもなく、元来人間が持つ

「移調したメロディを同じメロディと判別する能力」
(移調のもとでの等価性を感じる能力)

であり、

「移調した伴奏に合わせて歌うことができる能力」

であり、それこそが正に

「相対音感」

だと私は考えています。

実際、絶対音感のない多くの人は音感訓練を受けることなく、
上記のような移調に対応する能力を備えていることでしょう。

 

移調のミスを起こさない絶対音感保持者が

「移調に弱い」

のは結局のところ、

「この能力が発現していないだけの話」

で、それを

「全く別の仕組み」

で実現しているからではないでしょうか?

そして、この能力が発現していなければ、

「音名を判別できること」

も説明がつきます。

 

もちろん、この能力が発現していないことと、
「其の二」で取り上げた

絶対音感の脳の非対称性
 右脳の発達の抑制によって起こる」

との因果関係はまだ分かりませんが、
こうした視点からも科学的な研究が進められることを
今後は期待したいところです。

(了)

 

続「絶対音感は左脳が発達」のウソ

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)