「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

絶対音感と相対音感の違いをボールに例えると(其の四)

 

絶対音感『音高』を、
 相対音感は『音程』を判別する能力」

と言われることがありますが、
果たして本当にそうなのでしょうか?

 

実は見掛け上、表面的にそう見えるために
みんなそう錯覚してしまっているだけではないか?
と私は考えています。

 

絶対音感観測点(基準音)が固定されているために
観測点との距離は結果的に特定の座標を指し示します。
それがあたかも特定の音高を指しているように
錯覚しているだけで、

実は絶対音感も相対音感もどちらも本質的には同じように

「観測点からの距離を測定する能力」

言い換えれば、

「基準音との周波数比を捉える能力」

と言えます。

 

両者の違いはただ一点、

「観測点の違い」

です。

 

ちなみに私はこの両者の違いから、
基準音が固定された音感を

「スタティック(静的)な音感」、

基準音がフレキシブルに移動する音感を

「ダイナミック(動的)な音感」

と呼んでいます。

 

そして、この違いが

「音の聴こえ方や音楽的な考え方の相違」

を生じていると私は考えています。

(次回に続く・・・)

 

絶対音感と相対音感の違いをボールに例えると

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七)