「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

移動ドにおける短調の主音~「ラ」VS「ド」(其の二)

 

f:id:raykawamoto:20141223195953g:plain

 

上図の場合、マイナーモードの主音を「ラ」とすれば、
確かにメジャー/マイナーに関係なく、

「ド」

と読むことができます。しかし、それはただ単に

「五線譜から『ド』と言う符号を読み取ることができる」

それだけの話です。

問題はその読み取った符号から実際に

「音を頭の中にイメージするプロセス」

です。

では、主音を「ラ」と考えている人に質問です。

「メジャーかマイナーかの情報を与えられずに、
 『ド』と言う符号だけを頼りに頭の中に
 『ド』の音をイメージすることができますか?」

 

イギリスの音楽教育法、

「トニックソルファ法」

では頭の中に音をイメージするとき、
各音の性格(これを

「精神的効果」

と言います)を思い浮かべます。

そして、ここが重要なポイント、
それはトニックソルファ法ではメジャー/マイナーで、

「精神的効果が別々に定義されている」

と言うこと、例えば「ド」と言う符号には
メジャーの精神的効果とマイナーの精神的効果、
つまり、

「1つの符号に対して2つの精神的効果が紐付いている」

ことになります。

当然、「ド」と言う符号だけではメジャー/マイナー、
どちらの精神的効果を思い浮かべるべきか分かりません。

 

このことはトニックソルファ法の例を出すまでもなく、
みなさんも経験的に分かっていることではないでしょうか?

例えば、

・メジャーモードの1番目(調性上の主音)の音
・マイナーモードの3番目(短3度)の音

この2つの音は人間の耳には、

「全く異なる響き」

に聴こえるはずです(音楽的にも役割が違います)

にもかかわらずこの2つの音に対して、

同じ『ド』と言う符号がラベリング」

されていることに素朴な疑問を感じるのは
私だけでしょうか?

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)