「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

絶対音感と相対音感の定義について(其の七)

 

昨日のブログの最後に、

音律上、「ド」は周波数「1:1」になります。
メジャースケールが「ドレミファソラシド」と
聴こえると言うことは、つまり人間は

「『ド』を周波数比の基準として音を捉えている」

と言うことです。

 

と書きましたが、実はこれ、
非常に重要なポイントだと思われるので再掲しました。

 

そして、ここでもう1つ重要なポイント
それは曲を通して一貫して同じ高さの音が同じ音と、
「ド」が「ド」、「レ」が「レ」と認知されるためには

「周波数比を捉えるための基準は
 1つでなければならない」

と言うことです。

 

もし「全全半全全全半」と言う音程を直接捉えようとしたら、
音を比較するための基準が

「1音目→2音目→3音目→・・・」

と音を比較するたびに移動することになります。

 

しかし、音を比較するたびに基準が変わってしまっては、
曲を通しての一貫性が失われてしまいます。

 

クロマで迫る音感の正体 ~絶対音感の終焉~

クロマで迫る音感の正体 ~絶対音感の終焉~

 


みなさんは、例えば

「長3度は明るい」、「短3度は暗い」

のように音程ごとに何かしらイメージを持っていませんか?

 

では、

「長3度の『ミ♭ソ』は明るいですか?」

また、

「短3度の『ミソ』は暗いですか?」

 

本書ではこうした角度から
「音程」と言う概念について改めて考え直してみました。

興味のある方は是非読んでみてください。

(次回に続く・・・)

 

絶対音感と相対音感の定義について

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (まとめ)