読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

絶対音感と相対音感の定義について(其の五)

 

絶対音感はトーン・クロマ+トーン・ハイト
 相対音感はトーン・ハイトで音を捉えている

と説明されることがありますが、
クロマは絶対音感だけが捉えることができるもので、
絶対音感のない人は捉えることができないものなのでしょうか?

 

絶対音感のない人はメジャースケールを聴いたとき、
Keyに関係なく

「ドレミファソラシド」

と聴こえます。

 

単刀直入に言えば、これが正に「クロマ」です。

 

「ドレミファソラシド」は

「音律」と呼ばれる「周波数比」

が基盤になっています。つまり、それが

「ドレミファソラシド」

と聴こえると言うことは、

「音を(周波数)比で捉えている」

と考えるのが最も自然です。

 

また、コードハーモニーが美しいと感じるのもオクターブ等価

「周波数比が織り成す響き」

つまり、「クロマ」で音を捉えているからだと考えられます。

 

絶対音感がなくても、
 音が高いか低いかが判別できれば耳コピできる」

と言う人もいますが、
(確かに音が高いか低いかで耳コピはできますが)
音が高いか低いか、つまりトーン・ハイトで判別していても、
音楽的に音を聴く能力は鍛えられません。

 

絶対音感のあるなしに関係なく、
人間はトーン・クロマ(+トーン・ハイト)で
音を捉えていると私は考えています。

 

なお、一般的に

絶対音感は音名のクロマを捉えている」

と言われていますが、この「矛盾」に関しては
其の三其の四を参照してください。

 

クロマで迫る音感の正体 ~絶対音感の終焉~

クロマで迫る音感の正体 ~絶対音感の終焉~

 


問題は「」を捉えるための基準をどこに置くかです。

 

以前、

「クロマの認知の仕方には2種類の人間がいるのでは?」

と書きましたが、実はこれがクロマを捉えるための基準、つまり

「クロマ基準音の違い」

だと私は考えています(詳しくは本書で解説しています)。

 興味のある方は是非読んでみてください。

(次回に続く・・・)

 

絶対音感と相対音感の定義について

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (まとめ)