「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

17/10/18 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の四)」
17/10/11 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の三)」
17/10/04 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(平均律編)」
17/09/27 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の二)」
17/09/20 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の一)」
17/09/13 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(純正律編)」
17/09/06 「絶対音感テスト アラカルト(難易度★~★★★★★)」
17/08/30 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音) 機能追加のお知らせ(8/30)」
17/08/23 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音)」
17/08/16 「50秒でできる絶対音感テスト(無調旋律)」
17/08/09 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て(解説編)」
17/08/02 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(8/2)」
17/07/26 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(7/26)」
17/07/19 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て」
17/07/12 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(解説編)」
17/07/05 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長音階)」
17/06/28 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長三和音)」
17/06/21 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の五)」
17/06/14 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の四)」
17/06/07 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の三)」
17/05/31 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の二)」
17/05/24 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の一)」
16/09/18 「Web Audio API版 絶対音感&相対音感アプリ メニュー」

絶対音感と相対音感の定義について(其の四)

 

「クロマは音名が持つ性質」だと仮定します。

前回のブログにも書きましたが、
基準ピッチは人間が便宜的に定めたもので、
そこに科学的、音楽的な根拠はありません。

 

周波数440Hzの音が元々音名「A」の音だった訳ではなく、
人間が基準ピッチをA=440Hzと定めることで初めて
周波数440Hzの音が音名「A」の音になります。

基準ピッチをA=415Hzと定めれば、
周波数415Hzの音が音名「A」の音になります。

 

当然のことですが、基準ピッチが何であろうと
周波数440Hzの音は周波数440Hzの音、
周波数415Hzの音は周波数415Hzの音で
その音の「物理的な性質」自体が変わることはありません。

 

しかし、「音名のクロマ」と言うことは、
基準ピッチをA=440Hzと定めれば周波数440Hzの音が、
基準ピッチをA=415Hzと定めれば周波数415Hzの音が
音名「A」のクロマを持つようになると、

つまり、

「人間が論理的に基準ピッチを定めるだけで、
 音の物理的な性質まで変わる」

ことになってしまいます。

 

話は少し変わりますが、基準ピッチがA=415Hzだった時代に
例えばハ長調(C Major)で作曲された曲があったとします。

「Keyにはちゃんと意味があり、原曲Keyで再現すべきだ」

と言った発言を耳にすることがありますが、
基準ピッチA=440Hzの時代の今、
この曲をハ長調で再現してしまうと、
当時よりも物理的には半音高くなってしまいます。

 

と言って、物理的に同じ高さで再現しようとすると、
ロ長調(B Major)になってしまいます。

こうした矛盾も突き詰めれば同じ問題にたどり着きます。

 

クロマで迫る音感の正体 ~絶対音感の終焉~

クロマで迫る音感の正体 ~絶対音感の終焉~

 


トーン・クロマは「周波数から生じます(「クロマとは?」参照)。
(「ドレミファソラシド」は
 「音律」と呼ばれる「周波数が基盤になっています)

 

「(周波数)」と言うことは、
「(音を)比較する」ことで初めて生じる性質だと言うことです。

 

「音を比較する」と言うことは、比較の「基準」となる概念が必要になります。
そこで、本書ではまずこの基準となる概念、

「クロマ基準音」

を新たに定義し、そしてこの「クロマ基準音」を軸に話を展開していきます。

 興味のある方は是非読んでみてください。

(次回に続く・・・)

 

絶対音感と相対音感の定義について

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (まとめ)