「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

17/10/18 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の四)」
17/10/11 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の三)」
17/10/04 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(平均律編)」
17/09/27 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の二)」
17/09/20 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の一)」
17/09/13 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(純正律編)」
17/09/06 「絶対音感テスト アラカルト(難易度★~★★★★★)」
17/08/30 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音) 機能追加のお知らせ(8/30)」
17/08/23 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音)」
17/08/16 「50秒でできる絶対音感テスト(無調旋律)」
17/08/09 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て(解説編)」
17/08/02 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(8/2)」
17/07/26 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(7/26)」
17/07/19 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て」
17/07/12 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(解説編)」
17/07/05 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長音階)」
17/06/28 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長三和音)」
17/06/21 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の五)」
17/06/14 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の四)」
17/06/07 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の三)」
17/05/31 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の二)」
17/05/24 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の一)」
16/09/18 「Web Audio API版 絶対音感&相対音感アプリ メニュー」

ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の二)

 

「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(純正律編)」

の解説編の続きです。

前回長音階「ドレミファソラシド」でしたが、
今回は短音階(自然的短音階)、

「ドレミ♭ファソラ♭シ♭ド」

を探してみましょう。

 

f:id:raykawamoto:20170927184606g:plain

 

1オクターブ内には4つの短音程が存在しますが、
そのうち自然的短音階に使用される3つの短音程、

「短3度(6/5)、短6度(8/5)、短7度(9/5)」

が全て、

「5段目(分母が5)」

に並んでいるのが分かります。

残りもう1つの短音程は、

「短2度(16/15)」※15=3×5

になりますが(ピラミッドには登場していない)、
全ての短音程の振動比の分母に、

「5」

が関係しているのは単なる偶然でしょうか?

 

ちなみに5段目にはもう1つ、

「7/5」

と言う振動比がありますが、これは短音程ではなく、

「増音程(増4度、いわゆるトライトーン)」

になります。

それから自然的短音階の、

「ラ♭シ♭ド」

長音階の「ドレミ」や「ファソラ」と同様、

「8:9:10」

の振動比になっているのが確認できます。

 

最後に短音程とは関係ありませんが、
4段目に登場する「7/4」と言う振動比にも
少し触れておきましょう。

7/4は7倍音に由来する、

「自然7度」

と呼ばれる音で西洋音階には存在しない音になります。
(長6度と短7度の間に位置する)

 

f:id:raykawamoto:20170927191746g:plain

 

おそらくみなさんの中には、

「4/4→5/4→6/4→7/4」

と順番に鳴らしたときにこの自然7度の音を、

「音階から外れていて気持ち悪い」

と感じる人もいれば、

「違和感がない、あるいは心地よい」

と感じる人もいるのではないでしょうか?

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三)