「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

17/10/18 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の四)」
17/10/11 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の三)」
17/10/04 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(平均律編)」
17/09/27 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の二)」
17/09/20 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の一)」
17/09/13 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(純正律編)」
17/09/06 「絶対音感テスト アラカルト(難易度★~★★★★★)」
17/08/30 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音) 機能追加のお知らせ(8/30)」
17/08/23 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音)」
17/08/16 「50秒でできる絶対音感テスト(無調旋律)」
17/08/09 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て(解説編)」
17/08/02 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(8/2)」
17/07/26 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(7/26)」
17/07/19 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て」
17/07/12 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(解説編)」
17/07/05 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長音階)」
17/06/28 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長三和音)」
17/06/21 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の五)」
17/06/14 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の四)」
17/06/07 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の三)」
17/05/31 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の二)」
17/05/24 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の一)」
16/09/18 「Web Audio API版 絶対音感&相対音感アプリ メニュー」

ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の一)

 

「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(純正律編)」

の解説編です。

 

2つの音はその振動比(周波数比)が単純なほど、

「協和する」

と言われています。

そこで1オクターブ内に存在する整数比のうち、
分母が1~8までのものを全て列挙したのが
前回のピラミッドです。

…と言う訳で純正律の振動比を知っていれば簡単に、

「ドレミファソラシド」

を探し出せたと思います(下図は正解の一例)。

 

f:id:raykawamoto:20170920190811g:plain

 

純正律の振動比は、

「1, 9/8, 5/4, 4/3, 3/2, 5/3, 15/8, 2」

ですが、上図でも約分すれば同じ値になります。

「ドレミ」と「ファソラ」は同じ、

全音全音(大全音+小全音)」

ですが、上図を見ると振動比が、

「8:9:10」

になることが分かります。

 

なお、「ソラシ」は同じ全音全音でも、

「小全音+大全音(大小が逆)」

で、振動比は「8:9:10」になりません。

強いて言えばピラミッド内には存在しませんが、
分母を10まで広げてみると、

「15/10(3/2), 15/9(5/3), 15/8」

が「ソラシ」になります。これは振動比が、

「1/10:1/9:1/8」

つまり「8:9:10」の逆数になります。

 

ちなみにピラミッドの4段目には、
長三和音「ドミソ」が並んでいます。


f:id:raykawamoto:20170920192311g:plain

 

また、ピラミッドの3段目には、
長三和音「ファラド」が並んでいます。

 

f:id:raykawamoto:20170920192326g:plain

 

「ドミソ」も「ファラド」も振動比が同じ、

「4:5:6」

になることが分かります。

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三)