「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

17/11/22 「零式相対音感トレーニング~和音聴音(解説編)」
17/11/15 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/15)」
17/11/08 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/8)」
17/11/01 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/1)」
17/10/25 「零式相対音感トレーニング~和音聴音」
17/10/18 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の四)」
17/10/11 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の三)」
17/10/04 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(平均律編)」
17/09/27 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の二)」
17/09/20 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の一)」
17/09/13 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(純正律編)」
17/09/06 「絶対音感テスト アラカルト(難易度★~★★★★★)」
17/08/30 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音) 機能追加のお知らせ(8/30)」
17/08/23 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音)」
17/08/16 「50秒でできる絶対音感テスト(無調旋律)」
17/08/09 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て(解説編)」
17/08/02 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(8/2)」
17/07/26 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(7/26)」
17/07/19 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て」
17/07/12 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(解説編)」
17/07/05 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長音階)」
17/06/28 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長三和音)」
17/06/21 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の五)」
17/06/14 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の四)」
17/06/07 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の三)」
17/05/31 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の二)」
17/05/24 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の一)」
16/09/18 「Web Audio API版 絶対音感&相対音感アプリ メニュー」

絶対音感テスト アラカルト(難易度★~★★★★★)

 

本ブログで公開している8つの絶対音感テストに
独断と偏見で難易度を付けてみました。

 

①よくある一般的な絶対音感テスト 難易度★☆☆☆☆

よくある音当て形式(単音の音名聴音)です。

 

②15秒でできる絶対音感テスト 難易度★★☆☆☆

真性絶対音感と相対音感で音を辿る仮性絶対音感では、

「反応速度に違いがある」

と言われています。

そこで②は①に1秒/1問の制限時間を設けました。

 

③30秒でできる絶対音感テスト 難易度★★★☆☆

絶対音感訓練では今まで音名/固定ドで答えていた子が
階名/移動ドで答えるようになる現象を、

「移調のミス」

と言って、この症状が現れ始めると絶対音感の習得は
難しいと言われています。

そこで③は②の出題の前に長音階を流すことで、
移調のミスを起こしていないか?
(調につられて階名/移動ドで答えていないか?)
をチェックします。

 

④50秒でできる絶対音感テスト 難易度★★★★☆

真性絶対音感であれば調性の有無にかかわらず
聴音できるはずです。

そこで④はデタラメに8音を「連続」で鳴らし、
その5音目の音名を答えます。

 

⑤40秒でできる絶対音感テスト 難易度★★★★★

同様に⑤はデタラメに3音を「同時」に鳴らし、
3音のうち指定された音の音名を答えます。

 

⑥能動的絶対音感テスト~人間チューナー

難易度 精度50centは★☆☆☆☆、0.1centは★★★★★

①~⑤は聴音による受動的な音感テストでしたが、
⑥は指定された音名の音高(平均律)を自分の耳で
作り出す能動的な音感テストになります。

 

【番外編(ジョークアプリ)】

⑦本当の絶対音感テスト?~周波数聴音 難易度?

「ドレミを言い当てられるのは単なる相対音感、
 周波数を言い当てられるのが本当の絶対音感

と言う方のための周波数聴音テストです。

 

⑧本当の絶対音感テスト?~噪音聴音 難易度?

「楽器の音を言い当てられるのは単なる相対音感、
 机を叩いた音のように生活音も含め
 あらゆる音を言い当てられるのが本当の絶対音感

と言う方のための噪音聴音テストです。

 

ちなみに本ブログで公開している絶対音感テストは、

「相対音感を駆使して答える余地をできるだけ排除」

することに主眼が置かれています。

だから、絶対音感保持者にとってはどれも当たり前に
回答できるものばかりでおもしろくない…
と言うよりも絶対音感保持者が絶対音感テストを
やること自体、あまり意味がないかも知れません。

(了)