「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(解説編)

 

前回、前々回のブログ記事、

「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長三和音)」
「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長音階)」

の解説編です。

 

相対音感テストと聞いて、

「音程や階名/移動ドを言い当てる」

ような「半音単位の違い」を弁別するテストを
思い浮かべる人も多いかも知れませんが、
上記テストは音律の違いによる、

「数centの違い(1centは半音の1/100)」

を弁別するテストになります。

では3つの音律を実際に聴き比べてみましょう。

 

まずは長三和音から。

純正律では、

「うなり(にごり)のない澄んだ響き」

になるのに対し、ピタゴラス音律や十二平均律では
うなりが生じるのが分かります。

ちなみに各長三和音の構成音の周波数比は、

純正律    =4:5:6(整数比)
ピタゴラス音律≒4:5.0625:6
・十二平均律  ≒4:5.0397:5.9932

になります。

 

次に3つの音律を長音階で聴き比べてみましょう。

おそらく長三和音では音律を聴き分けられた人でも、
こちらの長音階では聴き分けられなかった人も
いるのではないでしょうか?

これは長三和音では音が同時に提示されるため
音のうなりによって聴き分けられるのに対し、
長音階では音が1音1音別々に提示されるため、

「うなりが生じない(うなりで判別できない)」

からだと考えられます(和声的音程と旋律的音程)。

 

なお、実際のテスト問題は他の相対音感テスト同様
ピッチをA=440Hzから50centずらしてありますが、
これは絶対音感保持者に対する軽い嫌がらせ…
ではなく、絶対音感で回答する余地をできるだけ
排除するためです。

 (了)