「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の五)

 

では、次の式を因数分解してみましょう。

Cd + Dr + Em

と言っても今度は共通因数が一切存在しないため、
部分的にも因数分解できません。

これは共通因数、すなわち調が存在しない、

「無調音楽」

を表現しています。

調(共通因数)でくくれないと言うことは当然、

「移動ドが求まらない(調性が生じない)」

結果的に、

「相対音感では聴音できない」

と言うことになります。

 

ちなみにどうして絶対音感では調が存在しない
無調音楽でも聴音できるのでしょうか?

例えば式を共通因数となる調とは関係なく常に、

「音名『C』(特定の周波数)」

でくくると、ハ長調では…

Cd + Cr + Cm = C(d+r+m)

のように「ドレミ」に聴こえますが、ト長調では…

Gd + Gr + Gm = C((G/C)d+(G/C)r+(G/C)m)

G/Cは完全5度上(あるいは完全4度下)なので、
「ドレミ」の完全5度上の「ソラシ」に聴こえる、
つまり、

「移動ドではなく、固定ドで聴こえる」

また、特定の周波数なら当然調(共通因数)の
有無に関係なく式をくくることができるため、

「無調音楽でも(固定ドでの)聴音が可能」

になると考えられます。

これらの特徴は絶対音感の特徴に似ていませんか?

(了)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)