「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

15秒でできる相対音感テスト(解説編)

 

「15秒でできる相対音感テスト(和声的音程)」
「20秒でできる相対音感テスト(旋律的音程)」

の解説編です。

 

相対音感テストと聞いて本テストのような、

「音程当て」

を思い浮かべる人も多いかも知れませんが、
音程が直接分からなくても音名さえ分かれば、

「論理的に音程も求まる」

つまり絶対音感でも回答できてしまいます。

そこでこうした余地をできるだけ排除するため、
本テストでは2つの対策を施してみました。

①制限時間
回答時間を1秒以内に制限することで、
論理的に音程計算する余裕を与えません。
(瞬時に計算できる人は排除できませんが…)

②ピッチをA=440Hzから50cent(1/4音)ずらす
元来相対音感はピッチに依存しない音感なので、
ピッチがA=440Hzでも442Hzでもそれ以外でも
テスト結果には何ら影響を与えないはずです。
(ピッチによって正答率に差が出る場合、
 絶対音感で回答している可能性あり)

 

ちなみに以前、2音と言うのは、

「ゲシュタルトの最小構成単位では?」

と言う話をしましたが、私の場合は、

「2音の音程が直接分かる」

と言うよりもあくまでも、

「音度(主音からの音程)が分かる」

特に2音の場合は「音度=音程」と考えられるので、
結果的に音程が分かると言う感じです。

このとき、基本的には音が出現する順番ではなく、

「低いほうの音が主音(=基本周波数)」

として認識される傾向にあるようです。

また、本テストは全部で10問出題されますが、
各問とも低い音を基準とした音度として分かる、
つまり、

「1問ごとに主音が変わる(転調する)」

ような形で認識されているようです。

みなさんはどんな感覚で回答していますか?

(了)