「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

17/09/20 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の一)」
17/09/13 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(純正律編)」
17/09/06 「絶対音感テスト アラカルト(難易度★~★★★★★)」
17/08/30 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音) 機能追加のお知らせ(8/30)」
17/08/23 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音)」
17/08/16 「50秒でできる絶対音感テスト(無調旋律)」
17/08/09 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て(解説編)」
17/08/02 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(8/2)」
17/07/26 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(7/26)」
17/07/19 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て」
17/07/12 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(解説編)」
17/07/05 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長音階)」
17/06/28 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長三和音)」
17/06/21 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の五)」
17/06/14 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の四)」
17/06/07 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の三)」
17/05/31 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の二)」
17/05/24 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の一)」
16/09/18 「Web Audio API版 絶対音感&相対音感アプリ メニュー」

絶対音感と相対音感のアルゴリズムを考える(其の二十五)

 

みなさんの中には「ド」と言う概念が、

「固定されているから固定ド、移動するから移動ド」

だと思っている人もいるかも知れませんが、

「『ドレミ』は概念ではなく、単なる表記」

であって、固定ドと移動ドの本当の違いは、

「『ドレミ』が何を表記しているかの違い」

具体的には…

・「音名」と言う概念の表記として使うと固定ド
・「階名」と言う概念の表記として使うと移動ド

になります。だから、

「そもそも固定されている概念を動かそうとしたり、
 あるいは概念と表記の対応付けをスライド」

してしまったら混乱するのも当然のことです。

数学者ガウスの言葉を借りるなら数学ならぬ、

「音楽の本質は表記(ドレミ)ではなく、概念にある」

と言ったところでしょうか?

 

また、移動ドは「ド」が指し示す値が変動するから
面倒くさいと思っている人もいるかも知れませんが、
実際に変動しているのは基本周波数のほうであって、
移動ドの「ド」が指し示す値自体は変動していない※
つまり、

「『ド』は常に一定の振動比nを指し示している」

これが前回、

「相対音感では移動ドが止まって見える」

と言った真意です。

※「ド」が変動しなくても基本周波数が変動すれば、
 当然「基本周波数×n」の計算結果は変動します。
 「ド」が指し示す値自体が変動してしまったら…
 それは確かに「面倒くさいシステム」です。

ちなみに楽器や楽譜上では固定ドが固定して、
あるいは移動ドが移動して見えるのは単純に、

「楽器や楽譜は音名を基準に設計されている」

からです。逆に階名を基準に設計されたもの、
例えば10穴ハーモニカ(ブルースハープ)では、

「固定ドが移動して、移動ドが固定して」

見えます(キーが変わっても吹き方は変わらない)。

 

例の喫茶店の看板が「ドレミ」か?「ソラシ」か?
この論争も結局は表記と概念の混同ですが、
そもそもどうして表記と概念を混同してしまうのか?
と言えばそれは、

「音名と階名と言う異なる2つの概念に対して、
 『ドレミ』と言う同じ表記を使っている」

からで、この問題の経緯は東川清一先生他共著の、

『よい音楽家とは 読譜指導の理論と実践』

に詳しくまとめられています。

 

プログラムの定数名や変数名を変更しても
その動作には何ら影響を与えないように、
重要なのは定数名や変数名ではなく、

「その定数や変数が保持している内容」

です。同様に、移動ドにせよ固定ドにせよ、
重要なのは「ドレミ」と言う表記ではなく、

「その表記が指し示している概念」

です。みなさんは自分の中で、

「『ド』と言う表記がどんな概念や数値と結び付き、
 どんなプロセスを経てアウトプットに至るか?」

具体的に説明できますか?

(了)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)

(其の十一) (其の十二) (其の十三) (其の十四) (其の十五)

(其の十六) (其の十七) (其の十八) (其の十九) (其の二十)

(其の二一) (其の二二) (其の二三) (其の二四) (其の二五)