「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

17/11/22 「零式相対音感トレーニング~和音聴音(解説編)」
17/11/15 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/15)」
17/11/08 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/8)」
17/11/01 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/1)」
17/10/25 「零式相対音感トレーニング~和音聴音」
17/10/18 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の四)」
17/10/11 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の三)」
17/10/04 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(平均律編)」
17/09/27 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の二)」
17/09/20 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の一)」
17/09/13 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(純正律編)」
17/09/06 「絶対音感テスト アラカルト(難易度★~★★★★★)」
17/08/30 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音) 機能追加のお知らせ(8/30)」
17/08/23 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音)」
17/08/16 「50秒でできる絶対音感テスト(無調旋律)」
17/08/09 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て(解説編)」
17/08/02 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(8/2)」
17/07/26 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(7/26)」
17/07/19 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て」
17/07/12 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(解説編)」
17/07/05 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長音階)」
17/06/28 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長三和音)」
17/06/21 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の五)」
17/06/14 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の四)」
17/06/07 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の三)」
17/05/31 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の二)」
17/05/24 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の一)」
16/09/18 「Web Audio API版 絶対音感&相対音感アプリ メニュー」

絶対音感と相対音感のアルゴリズムを考える(其の二十四)

 

ラベリングをプログラムに例えると定数名や変数名、
あるいは連想配列と言ったところだと思いますが、
問題はそれが…

「何に対してラベリングされているか?」

です。おそらく一般的には、

「周波数(音高)そのものにラベリングされている」

イメージを持っている人も多いかと思いますが、
「周波数成分の周波数=基本周波数×n」のn、
つまり、

「基本周波数に対する振動比にラベリング」

されている可能性も考えられます。

 

絶対音感は個々の音を何の関連もなく記憶している、
いわゆる「孤立(独立)音感」と言われていますが、
基本周波数を固定してしまえば、

「周波数と振動比nは1対1で対応」

するため実際にはどちらにラベリングされているか?
表面的には区別が付きません。ただし、

①絶対音感訓練は単音ではなく、和音聴音から始める
②絶対音感訓練における「移調のミス」
③フラベリック錠、あるいは加齢による絶対音感のズレ

いずれの現象にも全て振動比が見え隠れしている、
また②③は基本周波数の変化によって説明が付くため、
絶対音感の実現には基本周波数が介在しているのでは?
と言った話は以前にもした通りです。

 

漫画『NARUTO』薬師カブト綱手からの攻撃で
脳から筋肉への電気信号を狂わされてしまったとき、
(例えば右腕を動かそうとすると左足が動いてしまう)
脳の命令と実際に動く筋肉とのズレを瞬時に把握し、
その対応付けを補正するシーンがありましたが、
もしかしたら移動ドを苦手としている人の中には
相対音感に対してもこれと似たようなイメージを
持っている人もいるのではないでしょうか?

 

相対音感では、

「調の違い、ピッチの違いが全て基本周波数に吸収」

されるため、「周波数上は移動する移動ド」も、

「振動比n上は固定される」

だから、振動比nにラベリングされていれば、

「ド」を「レ」に、「レ」を「ミ」に、「ミ」を…

のように対応付けを補正する必要はありません。

打撃の神様川上哲治氏の言葉を借りるなら、

「ボールが止まって見える」

ならぬ、相対音感では振動比n上を、

「階名/移動ドが止まって見える」

と言ったところでしょうか?

もし移動ドが止まって見えないのであれば、

・振動比nではなく、周波数にラベリングされている
・振動比nにラベリングされているが、
 基本周波数が特定の周波数に固定されている

どちらかの可能性が考えられます。

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)

(其の十一) (其の十二) (其の十三) (其の十四) (其の十五)

(其の十六) (其の十七) (其の十八) (其の十九) (其の二十)

(其の二一) (其の二二) (其の二三) (其の二四) (其の二五)