読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

絶対音感と相対音感のアルゴリズムを考える(其の二十二)

 

例えば算数の問題で、
「3×6=18」と求めるべきところを、
「2×9=18」のように、

「間違ったプロセス」

で答えにたどり着いたり、あるいはそうした

「プロセスを経ず」

に解答欄にただ「18」とだけ書かれていたら、
それは正解ですか?

 

相対音感は、

周波数[i] = 調 * 移動ド[i]; //処理2

のような「掛け算」で音高計算しているのでは?
と言う話をしてきましたが、これも同じことで、

「周波数[i]と言う表面的な結果」

がいきなりポンと得られるのではなく、

「調 * 移動ド[i]と言うプロセス」

を経ることに意味があるのではないでしょうか?

 

ここでみなさんに2つの質問です。

①周波数[i]から調性を読み取れますか?
②調 * 移動ド[i]から調性を読み取れますか?

おそらく①は「No」、②は「Yes」だと思いますが、
と言うことは調性は、

「周波数[i]と言う表面的な結果」

から生じるのではなく、調 * 移動ド[i]と言う、

「人間が音を処理するプロセスの中で生じる」

と考えられます。

実際、音楽を構成する音の1つ1つには、

「移動ドや調性に対応するような物理的性質」

は存在しません(例えば主音は何Hzとか)。

 

だから、

「正しい結果が得られれば必然的に正しい調性」

が生じるのではなく、

「正しいプロセスを経て初めて正しい調性」

が生じることになります。もちろん、

「正しいプロセスを経れば自ずと正しい結果」

も得られます。逆に言えば、

「正しい結果が得られても間違ったプロセス」

では意味がないと言うことです。

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)

(其の十一) (其の十二) (其の十三) (其の十四) (其の十五)

(其の十六) (其の十七) (其の十八) (其の十九) (其の二十)

(其の二一) (其の二二) (其の二三) (其の二四) (其の二五)