「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

絶対音感テストでも相対音感テストでもない ただの弁別閾テスト(解説編)

 

「絶対音感テストでも相対音感テストでもないただの弁別閾テスト1」
「絶対音感テストでも相対音感テストでもないただの弁別閾テスト2」

の解説編です。

異なる2つの周波数の音を聴き比べたとき、
一方の周波数をもう一方に近づけていくと、
最終的には両者の区別が付かなくなりますが、
このとき、

「これ以上近づけたら区別が付かなくなる」

ギリギリのポイントのことを英語で、

「just noticeable difference」
(ギリギリ気付くことのできる違い)

日本語で、

「丁度可知差異(ちょうどかちさい)」

あるいは、

「弁別閾(べんべついき)」

とも言います。

本テストでは基準音が「50Hz~2500Hz」の範囲で
選択可能ですがこれは、

「弁別閾が音域によって変わる」

ためです。
 

ちなみに楽器を耳でチューニングしているとき、
比較している音にある程度近づいてくると、
微妙に合っていないことは分かるのだけれども、

「上げたらいいのか?下げたらいいのか?」

がよく分からないと言うことはありませんか?

3択の「テスト1」ではこのように、

「高さが違う」

と言うことだけ分かれば回答できてしまうのに対し、
2択の「テスト2」では明確に、

「どちらが高いか?」

まで分からないと回答できないと言う違いがあります。
(一見、選択肢の少ないほうが簡単に見えますが…)

 

また、相対音感はどちらが高いかが分かる能力で、
このどちらが高いかと言う感覚を磨くことで、

「どれだけ高いか?」

が分かるようになると主張する人もいるようですが、
「どちらが高いか?」は周波数の大小に対応した、

「トーン・ハイト(定量的な感覚)」

「どれだけ高いか?」は周波数の比が織り成す響き、

「トーン・クロマ(定性的な感覚)」

に依存しているため、

「どちらが高いか?を言い当てる訓練」

をいくら繰り返しても相対音感は鍛えられません。

もし相対音感が周波数の大小に対応した
定量的な感覚だけで音楽を捉えていたら、
それは調性も生じない、

「単なる無表情な音の上がり下がり」

になってしまいます。