「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

絶対音感と相対音感のアルゴリズムを考える(其の二十)

 

楽譜を読み慣れている人は音符を、

「(個々の)絶対的な位置」

だけではなく、

「(前後の)相対的な位置関係からも
 読み取ることで読譜効率を上げている」

と言う話を聞いたことがあります。具体的には、

・線とその1つ上の間は2度
・線とその1つ上の線は3度
・線とその2つ上の間は4度…

のように音符の相対的な位置関係から、

「(聴覚的にではなく)視覚的に音程を把握」

するのと同時に「直前の音符の○度上」のような
音程操作が瞬時に行われていると考えられます。

特にメロディには音符が1音だけ上がる(下がる)、
いわゆる、

「順次進行(⇔跳躍進行)」

の割合が多く、確かにこの読み方なら順次進行は、

「直前の音符に対して±1」

するだけで済みます。

 

このテクニックを用いて移動ドで音取りした場合、
これもやはり「其の十七」のパターンと同じで、

周波数[i] = 周波数[i - 1] * 音程[i]; //処理1

のように直前の音との音程そのものが音高計算に
直接関係している訳ではなく、

移動ド[i] = 移動ド[i - 1] * 音程[i];
周波数[i] = 調 * 移動ド[i]; //処理2

のように直前の音との音程は移動ドを算出する、
この場合で言えば、

「音符を素早く読み取るための補助的な情報」

に過ぎず、最終的に音高計算を行う処理2では
不要な情報だと考えられます。

 

音取りで楽譜に移動ドを振る人もいると思いますが、
もし相対音感が処理1のように直前の音との音程で
音高計算しているのであれば楽譜には、

「移動ドではなく、直前の音との音程そのもの」

を振るのが理にかなっていると思いませんか?

移動ドを振るのはやはり相対音感が処理2のように、

「調(調性上の主音)との音程、つまり移動ド」

で音高計算していて、処理2に移動ドを直接引渡せば
直前の音程操作が不要になるからではないでしょうか?

ちなみにこの読み方自体は、

「固定ドと移動ド、どちらにも有効なテクニック」

になります。

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)

(其の十一) (其の十二) (其の十三) (其の十四) (其の十五)

(其の十六) (其の十七) (其の十八) (其の十九) (其の二十)

(其の二一) (其の二二) (其の二三) (其の二四) (其の二五)