読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

絶対音感と相対音感のアルゴリズムを考える(其の十二)

音感の正体

 

「ドレミファソラシド」÷「ド」の周波数 =「音律」

が成り立つことから、

「聴音の原理は単純な割り算では?」

と言う話をしてきましたが、そう言えば以前、

「絶対音感と相対音感とフーリエ変換」

で取り上げたフーリエ変換の原理もやはり割り算です。

 

音を伝える空気の振動は正弦波で表されますが、
このとき基本周波数を

「y = sin t」

とすると、基本周波数の2倍の周波数は、

「y = sin 2t」

つまり、

「sin ntのnは基本周波数で割り算した商(音律)」

と一致します。

 

f:id:raykawamoto:20161228175215g:plain

 

ちなみに変数tは時間で、tが2倍されると言うことは、

「2倍の速さで時間が進む」

つまり、

「sin tが1回振動する間にsin 2tは2回振動する」

結果的に、

「振動数(周波数)が2倍になる」

そんな風に私はイメージしています。

また、2がtではなく、

「y = 2sin t」

のようにsinに掛かると振動数ではなく振幅、
つまり、

「音の高さではなく、音の大きさ」

が変化します。

 

今回は、

「絶対音感と相対音感とフーリエ変換」

の補足説明的なブログ記事になりましたが、
音を音楽的に捉えるにはフーリエ変換同様、

「基本周波数に相当する基準となる概念」

がどうしても必要になります。

なぜなら基準となる概念なしにただ漠然と、

「個々の音高、あるいは個々の音程」

で音を捉えても、

「曲に調性が生じることもなければ、
 純正律で音を取ることもでき
ない」

からです。

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)

(其の十一) (其の十二) (其の十三) (其の十四) (其の十五)

(其の十六) (其の十七) (其の十八) (其の十九) (其の二十)

(其の二一)