「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

17/12/13 「零式相対音感トレーニング~旋法聴音」
17/12/06 「絶対音感テストでも相対音感テストでもない ただの可聴域テスト(解説編)」
17/11/29 「絶対音感テストでも相対音感テストでもない ただの可聴域テスト」
17/11/22 「零式相対音感トレーニング~和音聴音(解説編)」
17/11/15 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/15)」
17/11/08 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/8)」
17/11/01 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/1)」
17/10/25 「零式相対音感トレーニング~和音聴音」
17/10/18 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の四)」
17/10/11 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の三)」
17/10/04 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(平均律編)」
17/09/27 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の二)」
17/09/20 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の一)」
17/09/13 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(純正律編)」
17/09/06 「絶対音感テスト アラカルト(難易度★~★★★★★)」
17/08/30 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音) 機能追加のお知らせ(8/30)」
17/08/23 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音)」
17/08/16 「50秒でできる絶対音感テスト(無調旋律)」
17/08/09 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て(解説編)」
17/08/02 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(8/2)」
17/07/26 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(7/26)」
17/07/19 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て」
17/07/12 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(解説編)」
17/07/05 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長音階)」
17/06/28 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長三和音)」
17/06/21 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の五)」
17/06/14 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の四)」
17/06/07 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の三)」
17/05/31 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の二)」
17/05/24 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の一)」
16/09/18 「Web Audio API版 絶対音感&相対音感アプリ メニュー」

本当の絶対音感テスト?~周波数聴音(解説編)

 

「本当の絶対音感テスト?~周波数聴音」

の解説編です。

「楽器の音の高さを言い当てられるのは相対音感、
 机を叩いた音等、生活音を含めあらゆる音の高さを
 言い当てられるのが絶対音感

あるいは、

ドレミを言い当てられるのは単なる相対音感、
 周波数を言い当てられるのが本当の絶対音感

と言った内容のツイートを過去何度か見掛けたことが
あるのですが、少なくとも、

『音楽の心理学』
『絶対音感』(最相葉月さん著)
『絶対音感神話』(宮崎謙一さん著)

辺りにはそのような記述はどこにも見当たりません。
こうした考えは一体どこから出てきたのでしょうか?

おそらくこのようなツイートをしている人の中には、

「音名と階名の違い」

を理解していない人もいるのではないでしょうか?

 

今回、周波数聴音のプログラムを実際に作ってみて、
改めて感じたことあります。

それは、

「周波数を言い当てることと
 音楽的に音を捉えることは全くの別物」

だと言うことです。

これはあくまでも冗談で作ったジョークアプリですが、
このテストを通じて周波数を言い当てることが、

「音楽的に音を捉えることには全く通じていないこと」

を実感していただければ幸いです。

なお、出題される周波数の範囲は「55Hz~1760Hz」で、

「C」 ボタンは「クリア」で入力された数値をクリア
「BS」ボタンは「バックスペース」で1文字削除

になっています。

腕(耳?)に覚えのある人は、
是非1度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?