「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

高性能な相対音感?~仮性絶対音感と潜在的絶対音感(其の七)

 

前回公開した3つの絶対音感テスト、

①よくある一般的な絶対音感テスト
②15秒でできる絶対音感テスト
③30秒でできる絶対音感テスト

みなさんは試してみましたか?

私の場合、①は音名を特定できることもあるのですが、
②③に関してはほぼ音名を特定することができません。

②では制限時間内に音名を特定できないと言うよりは、
制限時間を設けたことで次の問題との間隔が狭くなり、
脳が音を個々にではなく、

「音をまとまり(ゲシュタルト)」

として捉えようとするために、

「基本周期の再計算(ものさしの伸縮)」

が始まってしまうようです。

 

③では出題前に流れるメジャースケールに合わせて
毎回これもまた基本周期の再計算が行われるために、
周波数成分sin ntのnが音名/固定ドではなく、

「メジャースケールに対する階名/移動ド」

に対応します。

③では回答が音名ではなく階名と一致した場合、
正解ではなく、

「移調のミスとしてカウント」
(ただし、Cメジャースケールの場合のみ、
 移調のミスではなく、正解としてカウント)

される仕様になっているため、私の場合は、

あなたの成績は・・・
10問中、0問正解です。
なお不正解のうち、
10問が移調のミス(階名)です。

こんな結果が出ることが多いようです。
(逆に見れば、意図的にメジャースケールに対する
 階名で回答すれば相対音感のテストになります)

 

では、

「①②③の全てで満点が取れたら真性絶対音感か?」

と言えば必ずしもそう判断、断言できるものではない、
つまりそれが真性絶対音感であることの十分条件には
ならないと思いますが、少なくとも真性絶対音感なら
②で時間制限の影響を受けることもなければ、
③で移調のミスを起こすこともないはずです。

逆に言えば、

「①では満点が取れても②③では取れない、
 特に③では移調のミスを起こす」

と言う人は真性絶対音感とは言えないでしょう。

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)