読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

高性能な相対音感?~仮性絶対音感と潜在的絶対音感(其の三)

音感の正体

 

以前、

「自分は相対音感だから調につられてしまう、
 あるいは調に引っ張られてしまう」

そんな内容のツイートを見掛けたことがあるのですが、
この調につられる、引っ張られると言う感覚は前回

「縦軸(基本周期)の変化」

によって生じると考えられます。

 

f:id:raykawamoto:20160706190031g:plain

 

ここで重要なのは基本周期を調に合わせると言う操作、
つまりこの縦軸の変化が自分の意思ではなく、

「無意識」

に行われていると言うこと、そして意識的にこの

「調(調性上の主音)が持つ引力」

に抗うのは非常に困難だと言うことです。
(結果的に聴音は音名ではなく、階名になる)

 

だから、

「1音ずつ提示されるタイプの絶対音感テスト」

では満点が取れる、つまり音名での聴音ができても、

「音を和声的、あるいは旋律的に提示」

された瞬間に音名での聴音ができなくなってしまう
(調につられるため階名での聴音になってしまう)
と言う人もいるのではないでしょうか?

仮性絶対音感についてこの辺りを言及している文献は
見たことがありませんが、

「記憶された1音と対象の音を相対音感を使って比較」

そんな風に何気にさらっと簡単に説明している人は、

「音をまとまり(ゲシュタルト)として捉えた場合も
 調につられることなく音名での聴音が可能なのか?」

その辺りは少し気になるところです。

 

ところで、ここで素朴な疑問。

もし基本周期が特定の周波数に固定していてくれれば、
音名の特定も容易だったと思うのですが、そもそも

「どうして基本周期は変化してしまうのでしょうか?」

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)