「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

17/10/18 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の四)」
17/10/11 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の三)」
17/10/04 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(平均律編)」
17/09/27 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の二)」
17/09/20 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の一)」
17/09/13 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(純正律編)」
17/09/06 「絶対音感テスト アラカルト(難易度★~★★★★★)」
17/08/30 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音) 機能追加のお知らせ(8/30)」
17/08/23 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音)」
17/08/16 「50秒でできる絶対音感テスト(無調旋律)」
17/08/09 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て(解説編)」
17/08/02 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(8/2)」
17/07/26 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(7/26)」
17/07/19 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て」
17/07/12 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(解説編)」
17/07/05 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長音階)」
17/06/28 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長三和音)」
17/06/21 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の五)」
17/06/14 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の四)」
17/06/07 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の三)」
17/05/31 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の二)」
17/05/24 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の一)」
16/09/18 「Web Audio API版 絶対音感&相対音感アプリ メニュー」

5度音列による長音程、短音程の見分け方(其の七)

 

前回、変化記号の付いたパターンを取り上げましたが、
変化記号に対しては別の考え方もあります。

5度音列も実際には「ファドソレラミシ」だけではなく、
その後には、

「ファドソレラミシファドソレラミシファドソレラミシ
        ##############
        →シャープ  #######
               →ダブルシャープ

その前には、

ファドソレラミシファドソレラミシファドソレラミシ」
 ♭♭♭♭♭♭♭♭♭♭♭♭♭♭
 ♭♭♭♭♭♭♭  フラット←
ダブルフラット←

と続き、例えば「ド○」の音程の長短は、

               重重重重重重重
 完長長長長増増増増増増増増増増増増増増
ファソレラミシファドソレラミシファドソレラミシ
        ##############
        →シャープ  #######
               →ダブルシャープ

 重重重
 減減減減減減減減減減短短短短完完長長長長
ファドソレラミシファドソレラミシファソレラミシ
 ♭♭♭♭♭♭♭♭♭♭♭♭♭♭
 ♭♭♭♭♭♭♭  フラット←
ダブルフラット←

になります。

「其の四」にて、

「完全5度を積み重ねていくと長音程、
 完全4度を積み重ねていくと短音程」

になると書きましたが、実はさらに、

完全5度を積み重ねていくと長→増→重増音程
 完全4度を積み重ねていくと短→減→重減音程

になります。

 

こうして考えると5度音列上は必ず、

<Y#」、あるいは「X♭<Y」

になる(5度音列上、YがXより右にある)ため、
基本的には4、5度を除けば、

「『XY#』、『X♭Y』は長音程になる」
(『XY』が元々長音程なら増音程)

逆に言えば、

「『XY#』、『X♭Y』が短音程になることはない」

同様に5度音列上は必ず、

「Y<X#」、あるいは「Y♭<

になる(5度音列上、YがXより左にある)ため、
基本的には4、5度を除けば、

「『X#Y』、『XY♭』は短音程になる」
(『XY』が元々短音程なら減音程)

逆に言えば、

「『X#Y』、『XY♭』が長音程になることはない」

と言うことです。

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八)