「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

5度音列による長音程、短音程の見分け方(其の七)

 

前回、変化記号の付いたパターンを取り上げましたが、
変化記号に対しては別の考え方もあります。

5度音列も実際には「ファドソレラミシ」だけではなく、
その後には、

「ファドソレラミシファドソレラミシファドソレラミシ
        ##############
        →シャープ  #######
               →ダブルシャープ

その前には、

ファドソレラミシファドソレラミシファドソレラミシ」
 ♭♭♭♭♭♭♭♭♭♭♭♭♭♭
 ♭♭♭♭♭♭♭  フラット←
ダブルフラット←

と続き、例えば「ド○」の音程の長短は、

               重重重重重重重
 完長長長長増増増増増増増増増増増増増増
ファソレラミシファドソレラミシファドソレラミシ
        ##############
        →シャープ  #######
               →ダブルシャープ

 重重重
 減減減減減減減減減減短短短短完完長長長長
ファドソレラミシファドソレラミシファソレラミシ
 ♭♭♭♭♭♭♭♭♭♭♭♭♭♭
 ♭♭♭♭♭♭♭  フラット←
ダブルフラット←

になります。

「其の四」にて、

「完全5度を積み重ねていくと長音程、
 完全4度を積み重ねていくと短音程」

になると書きましたが、実はさらに、

完全5度を積み重ねていくと長→増→重増音程
 完全4度を積み重ねていくと短→減→重減音程

になります。

 

こうして考えると5度音列上は必ず、

<Y#」、あるいは「X♭<Y」

になる(5度音列上、YがXより右にある)ため、
基本的には4、5度を除けば、

「『XY#』、『X♭Y』は長音程になる」
(『XY』が元々長音程なら増音程)

逆に言えば、

「『XY#』、『X♭Y』が短音程になることはない」

同様に5度音列上は必ず、

「Y<X#」、あるいは「Y♭<

になる(5度音列上、YがXより左にある)ため、
基本的には4、5度を除けば、

「『X#Y』、『XY♭』は短音程になる」
(『XY』が元々短音程なら減音程)

逆に言えば、

「『X#Y』、『XY♭』が長音程になることはない」

と言うことです。

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八)