「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

17/10/18 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の四)」
17/10/11 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の三)」
17/10/04 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(平均律編)」
17/09/27 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の二)」
17/09/20 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の一)」
17/09/13 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(純正律編)」
17/09/06 「絶対音感テスト アラカルト(難易度★~★★★★★)」
17/08/30 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音) 機能追加のお知らせ(8/30)」
17/08/23 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音)」
17/08/16 「50秒でできる絶対音感テスト(無調旋律)」
17/08/09 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て(解説編)」
17/08/02 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(8/2)」
17/07/26 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(7/26)」
17/07/19 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て」
17/07/12 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(解説編)」
17/07/05 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長音階)」
17/06/28 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長三和音)」
17/06/21 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の五)」
17/06/14 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の四)」
17/06/07 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の三)」
17/05/31 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の二)」
17/05/24 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の一)」
16/09/18 「Web Audio API版 絶対音感&相対音感アプリ メニュー」

5度音列による長音程、短音程の見分け方(其の四)

 

では、今度は42通りの組み合わせを度数ごとに、
そしてここがポイント、基準の音を

「ファドソレラミシ」

つまり、「5度音列」の順に並べてみましょう。

 














ファソ
ドレ
ソラ
レミ
ラシ
ミファ
シド
ファラ
ドミ
ソシ
レファ
ラド
ミソ
シレ
ファシ
ドファ
ソド
レソ
ラレ
ミラ
シミ
ファド
ドソ
ソレ
レラ
ラミ
ミシ
シファ
ファレ
ドラ
ソミ
レシ
ラファ
ミド
シソ
ファミ
ドシ
ソファ
レド
ラソ
ミレ
シラ













 

すると、長音程短音程が綺麗に上下に分離されます。

この表から、

「ファ○」は全て長音程(5度は完全、4度は増音程)
「シ○」は全て短音程(4度は完全、5度は減音程)

になることが分かりますが、これは別の見方をすると、

完全5度を積み重ねていくと長音程に、
 完全4度を積み重ねていくと短音程になる」

と言うことです。

ちなみに少し話が逸れますが、弦楽器を調弦するとき、
開放弦を低音弦から順に鳴らしていくと、

5度調弦バイオリンと比べて、
 4度調弦のギターはどこか物悲しい雰囲気」

を感じるのはこの法則と何か関係があるのでしょうか?

 

話を戻して、どうやら長音程、短音程の判別には
この5度音列が何かしらヒントになりそうですが、
問題はこれをどのように法則化するかです。

と言う訳で・・・

 

【5度音列による長音程、短音程の見分け方】

5度音列を「ファ<ド<ソ<レ<ラ<ミ<シ」とすると、
2音X、Y(低い音をXとする)は、

 X<Yなら長音程(5度は完全、4度は増音程)
 Y<Xなら短音程(4度は完全、5度は減音程)

 

例えば、

ミ」は「」<「ミ」→ 長音程( 長6度)
ソ」は「ソ」<「」→ 短音程( 短3度)
レ」は「」<「レ」→完全音程(完全5度)
ソ」は「ソ」<「」→完全音程(完全4度)
ファシ」は「ファ」<「シ」→ 増音程( 増4度)
ファ」は「ファ」<「」→ 減音程( 減5度)

になります。

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八)