「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

17/12/13 「零式相対音感トレーニング~旋法聴音」
17/12/06 「絶対音感テストでも相対音感テストでもない ただの可聴域テスト(解説編)」
17/11/29 「絶対音感テストでも相対音感テストでもない ただの可聴域テスト」
17/11/22 「零式相対音感トレーニング~和音聴音(解説編)」
17/11/15 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/15)」
17/11/08 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/8)」
17/11/01 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/1)」
17/10/25 「零式相対音感トレーニング~和音聴音」
17/10/18 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の四)」
17/10/11 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の三)」
17/10/04 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(平均律編)」
17/09/27 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の二)」
17/09/20 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の一)」
17/09/13 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(純正律編)」
17/09/06 「絶対音感テスト アラカルト(難易度★~★★★★★)」
17/08/30 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音) 機能追加のお知らせ(8/30)」
17/08/23 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音)」
17/08/16 「50秒でできる絶対音感テスト(無調旋律)」
17/08/09 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て(解説編)」
17/08/02 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(8/2)」
17/07/26 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(7/26)」
17/07/19 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て」
17/07/12 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(解説編)」
17/07/05 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長音階)」
17/06/28 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長三和音)」
17/06/21 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の五)」
17/06/14 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の四)」
17/06/07 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の三)」
17/05/31 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の二)」
17/05/24 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の一)」
16/09/18 「Web Audio API版 絶対音感&相対音感アプリ メニュー」

5度音列による長音程、短音程の見分け方(其の三)

 

では、「ドレミファソラシド」から考えられる
42通りの組み合わせを書き出してみましょう。

 

短2度~増4度 減5度~長7度
短2度 ミファ
シド

ファミ
ドシ
長7度
長2度 ドレ
レミ
ファソ
ソラ
ラシ




レド
ミレ
ソファ
ラソ
シラ
短7度
短3度 レファ
ミソ
ラド
シレ



ファレ
ソミ
ドラ
レシ
長6度
長3度 ドミ
ファラ
ソシ


ミド
ラファ
シソ
短6度
完全4度 ドファ
レソ
ミラ
ソド
ラレ
シミ





ファド
ソレ
ラミ
ドソ
レラ
ミシ
完全5度
増4度 ファシ シファ 減5度

 

この表から、

2度は「ミファ」「シド」が短、残りは長音程
3度は「ドミ」「ファラ」「ソシ」が長、残りは短音程
4度は「ファシ」が増、残りは完全音
5度は「シファ」が減、残りは完全音
6度は「ミド」「ラファ」「シソ」が短、残りは長音程
7度は「ファミ」「ドシ」が長、残りは短音程

であることが分かります。

 

ちなみにレ」⇔「レのように反転した音程を、

「転回音程」

と言いますが、先の表はちょうど鏡に映したように
この転回音程が左右に位置するようにできています。

転回音程には2+7=9、3+6=9、4+5=9、
つまり、

「足すと9になる(2⇔7、3⇔6、4⇔5)」

そして、

「完全⇔完全、長⇔短、増⇔減、重増⇔重減」

と言う2つの法則があるため、

度は「ファ」「ド」が、残りは音程
度は「ファ」「ド」が、残りは音程

度は「ミ」「ファラ」「シ」が、残りは音程
度は「ミ」「ラファ」「シ」が、残りは音程

度は「ファシ」が、残りは完全音程
度は「シファ」が、残りは完全音程

のように2度から4度まで覚えてしまえば5度以降は
この法則で導き出すことができます。

 

と言う訳で6通りの組み合わせ、

「ミファ」「シド」「ドミ」「ファラ」「ソシ」「ファシ」

だけを押さえておけば長短の判別ができるようになり、
これにて一件落着。めでたしめでたし・・・

ではなく、ここまでが前振りで次回が本題になります。

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八)