「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

17/12/13 「零式相対音感トレーニング~旋法聴音」
17/12/06 「絶対音感テストでも相対音感テストでもない ただの可聴域テスト(解説編)」
17/11/29 「絶対音感テストでも相対音感テストでもない ただの可聴域テスト」
17/11/22 「零式相対音感トレーニング~和音聴音(解説編)」
17/11/15 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/15)」
17/11/08 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/8)」
17/11/01 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/1)」
17/10/25 「零式相対音感トレーニング~和音聴音」
17/10/18 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の四)」
17/10/11 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の三)」
17/10/04 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(平均律編)」
17/09/27 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の二)」
17/09/20 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の一)」
17/09/13 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(純正律編)」
17/09/06 「絶対音感テスト アラカルト(難易度★~★★★★★)」
17/08/30 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音) 機能追加のお知らせ(8/30)」
17/08/23 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音)」
17/08/16 「50秒でできる絶対音感テスト(無調旋律)」
17/08/09 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て(解説編)」
17/08/02 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(8/2)」
17/07/26 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(7/26)」
17/07/19 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て」
17/07/12 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(解説編)」
17/07/05 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長音階)」
17/06/28 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長三和音)」
17/06/21 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の五)」
17/06/14 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の四)」
17/06/07 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の三)」
17/05/31 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の二)」
17/05/24 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の一)」
16/09/18 「Web Audio API版 絶対音感&相対音感アプリ メニュー」

絶対音感と相対音感とフーリエ変換(其の二十)

 

もし絶対音感保持者の中に、

「ものさしが伸縮する感覚が分からない」

と言う人がいてもそれは何ら不思議なことではなく、
なぜなら絶対音感の習得には相対音感が発現していない、
言ってみれば、

「ものさし(≒基本周期)が伸縮しないこと」

が前提条件とされているからです。

相対音感のようにものさしが伸縮してしまったら、
音名の判別ができなくなってしまうであろうことは
誰にでも分かる簡単な理屈です。

逆に相対音感のようにものさしが伸縮しなければ、
つまり固定されたものさしにラベリングできれば、
それは絶対音感になり得るのではないでしょうか?

 

f:id:raykawamoto:20160309123747g:plain

 

f:id:raykawamoto:20160328184148g:plain

 

絶対音感訓練の中では相対音感の発現

「移調のミス」

と称し、この移調のミスを起こすようになると
絶対音感を習得するのは難しいと言われていて、
このミスが起きないように訓練が行われるそうです。

では、

「どうすれば移調のミスが起きないか?」

答えは簡単です。それは、

「移調しないこと」

です。

移調することなく、特定の調だけで訓練を行った場合、

「基本周期が伸縮せず、常に一定の基本周期」

で周波数成分の分析が行われることになりますが、
この訓練を続けることで基本周期の伸縮が抑制され、

「基本周期が固定されたまま周波数成分の分析を行う
 回路が定着してしまうのでは?」

と私は大胆に予想しています(つまり、仮説③)。

この考え方は、どうして絶対音感が単音ではなく、

「和音の聴音から始めることで身に付くのか?」

と言う疑問にも説明が付きます。

 

ちなみにピアノには1曲を全ての調に移調して練習する

「全調メソード」

と呼ばれる素晴らしいメソードがあるそうですが、
絶対音感の習得には不向きと言う意見があるようです。

逆にピアノに限らず初級者のうちは指使いが簡単な
ハ長調の課題曲で練習することも珍しくありませんが、
調が特定されることで結果的に基本周期が固定され、
絶対音感を意識していない練習でも絶対音感の習得に
つながる可能性も考えられるのではないでしょうか?

 

絶対音感の習得には相対音感が発現していないことが
前提条件と言われている一方で、

絶対音感習得の後であれば相対音感の習得は可能」

とも言われていますが、相対音感が発現しないことで
絶対音感が実現されていると考えるのであれば、

絶対音感習得の前であろうが後であろうが…」

と素朴な疑問を感じるのは私だけでしょうか?

 

イニシエーション・ラブ (文春文庫)

イニシエーション・ラブ (文春文庫)

 

 

これは例えるなら、AさんとB君の話だったつもりが、
いつの間にか気付かない間にB君がC君に入れ替わり、
AさんとC君の話にすり変わっていたことに気付かず、
その矛盾が解けない、そんな小説を読んでいる気分です。

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)

(其の十一) (其の十二) (其の十三) (其の十四) (其の十五)

(其の十六) (其の十七) (其の十八) (其の十九) (其の二十)

(其の二一) (其の二二) (其の二三) (其の二四) (其の二五)