読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

絶対音感と相対音感とフーリエ変換(其の十六)

 

絶対音感保持者=優れたフーリエ解析能力の持ち主」

そんなイメージを持っている人もいるかも知れませんが、
もし実際に絶対音感フーリエ解析に相当する

「周波数成分の分析を介して実現されている」

のであれば、音名を判別するためにはまず、

「基本周期を決定」

する必要があります。

つまり、

「いきなりポンと周波数成分の音名(周波数)が求まる」

のではなく、周波数成分はあくまでも基本周波数に対する比、
sin ntnで表されることに、結果的に

「基本周期となる音名」と「周波数成分sin ntn

この

「2つの変動要素」

が求まる必要があります。

 

相対音感だけでは音名を判別できないのはこのうちの1つ、
周波数成分sin ntnだけしか求まらないからです。
nは音名/固定ドではなく、階名/移動ドの概念に対応)

相対音感では基本周期がどの音に設定されたかは分かりますが、
その音名(周波数)までは分かりません。

音楽的に言えば、

「どの音が調(調性上の主音)か?」

は分かりますが、その音名、つまり

「何調か?」

までは分かりません(n=1となる周波数成分が調になります)。

 

そこで、絶対音感が周波数成分を分析する際、

「何らかの形で基本周期となる音名を取得している」

と仮定してみましょう(仮説②)。

この仮説はあくまでも基本周期が定まることが前提なので、
相対音感と同様に無調では聴音できないことになります。

また、この仮説では確かに音名は求まりますが、
音名は基本周期と周波数成分sin ntnから

「論理的に求まる」

つまり、同じ音名が求まる基本周期とnの組み合わせが

「何通りも存在する」

ことになるので、絶対音感保持者が口にする

「(音名/固定ドの)『ド』は『ド』」

と言う感覚は得られない可能性があります。

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)

(其の十一) (其の十二) (其の十三) (其の十四) (其の十五)

(其の十六) (其の十七) (其の十八) (其の十九) (其の二十)

(其の二一) (其の二二) (其の二三) (其の二四) (其の二五)