「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

17/10/18 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の四)」
17/10/11 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の三)」
17/10/04 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(平均律編)」
17/09/27 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の二)」
17/09/20 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の一)」
17/09/13 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(純正律編)」
17/09/06 「絶対音感テスト アラカルト(難易度★~★★★★★)」
17/08/30 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音) 機能追加のお知らせ(8/30)」
17/08/23 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音)」
17/08/16 「50秒でできる絶対音感テスト(無調旋律)」
17/08/09 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て(解説編)」
17/08/02 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(8/2)」
17/07/26 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(7/26)」
17/07/19 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て」
17/07/12 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(解説編)」
17/07/05 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長音階)」
17/06/28 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長三和音)」
17/06/21 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の五)」
17/06/14 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の四)」
17/06/07 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の三)」
17/05/31 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の二)」
17/05/24 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の一)」
16/09/18 「Web Audio API版 絶対音感&相対音感アプリ メニュー」

絶対音感と相対音感とフーリエ変換(其の十四)

 

絶対音感と相対音感は共存できるか?」

この問題に対しては、

「別々の能力だから共存できる」

と言う意見、反対に

「排他的な能力だから共存できない」

と言う意見、どちらも見掛けたことがありますが、
絶対音感と言うものが、また相対音感と言うものが
科学的には解明されていない現時点では
どちらが正しいと言うよりも、

「そう結論が出るような定義、仮説、前提で話が進められている」

と考えるのが良いのではないでしょうか?

 

私がこの問題について考えるときのポイントは2つ、
1つは絶対音感が相対音感、つまり人間が本来持つ
音楽的に音を認知する仕組みからは完全に独立した仕組み、感覚で、
あるいは相対音感には何ら影響を与えない形で実現されているか?
具体的には合成波から取り出された個々の周波数成分から直接
(周波数成分を分析する前に)音名の判別が行われているか?
つまり、

「周波数成分の分析を介さずに実現されているか?」

です。

もし絶対音感が相対音感からは完全に独立した仕組み、感覚で
実現されているのであれば共存できることになります。

 

もう1つのポイントは2つの音感が共存できるとした場合、

絶対音感と相対音感は同時に発動するか?」

です。

これについては、

マルチタスク

と言う表現を見掛けたこともあれば、

「切り替わる」

と言う表現を見掛けたこともありますが、
この辺りもやはり定義、仮説、前提によって
話が変わってくるのではないでしょうか?

 

次回からはこの2つのポイントを軸に考え得る

絶対音感の実現方法に関する)3通りの仮説」

について順に検証していきたいと思います。

なお、ここでは絶対音感の能力を分かりやすく単純に

「音名の判別」

に絞って考えることにします。

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)

(其の十一) (其の十二) (其の十三) (其の十四) (其の十五)

(其の十六) (其の十七) (其の十八) (其の十九) (其の二十)

(其の二一) (其の二二) (其の二三) (其の二四) (其の二五)