「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

17/12/13 「零式相対音感トレーニング~旋法聴音」
17/12/06 「絶対音感テストでも相対音感テストでもない ただの可聴域テスト(解説編)」
17/11/29 「絶対音感テストでも相対音感テストでもない ただの可聴域テスト」
17/11/22 「零式相対音感トレーニング~和音聴音(解説編)」
17/11/15 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/15)」
17/11/08 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/8)」
17/11/01 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/1)」
17/10/25 「零式相対音感トレーニング~和音聴音」
17/10/18 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の四)」
17/10/11 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の三)」
17/10/04 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(平均律編)」
17/09/27 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の二)」
17/09/20 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の一)」
17/09/13 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(純正律編)」
17/09/06 「絶対音感テスト アラカルト(難易度★~★★★★★)」
17/08/30 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音) 機能追加のお知らせ(8/30)」
17/08/23 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音)」
17/08/16 「50秒でできる絶対音感テスト(無調旋律)」
17/08/09 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て(解説編)」
17/08/02 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(8/2)」
17/07/26 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(7/26)」
17/07/19 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て」
17/07/12 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(解説編)」
17/07/05 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長音階)」
17/06/28 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長三和音)」
17/06/21 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の五)」
17/06/14 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の四)」
17/06/07 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の三)」
17/05/31 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の二)」
17/05/24 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の一)」
16/09/18 「Web Audio API版 絶対音感&相対音感アプリ メニュー」

絶対音感と相対音感とフーリエ変換(其の十三)

 

相対音感は単純に音が高い低いと言う感覚、
つまり、

「トーン・ハイト層で実現」

されていると考えている人も多いかもしれませんが、
フーリエ解析に相当する周波数成分の分析を通して、
つまり、

「トーン・クロマ層で実現」

されていると私は考えています。

 

f:id:raykawamoto:20160127181607g:plain

 

ここで重要なポイント、
それは周波数成分を分析するときの基本周期が

「特定の周波数に固定されたスタティックな基本周期」

ではなく、

「調に合わせて伸縮されたダイナミックな基本周期」

だと言うこと。

基本周期が調に合わせて伸縮すると仮定すると、

・聴音は音名/固定ドではなく、階名/移動ド
(周波数成分sin ntのnは階名/移動ドの概念に対応)

・移調のもとでの等価性
(移調しても周波数成分sin ntのnは変わらない)

・あらゆる基準ピッチに対応可能
(基準となる基本周期が自在に伸縮)

・移調唱(カラオケでのキー変更)が容易
(伸縮した基本周期に合わせて周波数成分を逆フーリエ変換

・転調時に聴音で迷子になる(転調=基本周期が変わる)

・無調のとき、聴音できない(無調=基本周期が定まらない)

と言った相対音感の特徴を全て合理的に説明できます。

もし相対音感が単純に音が高い低いと言う感覚、
つまりトーン・ハイト層で実現されていると仮定した場合、
こうした相対音感の特徴を合理的に説明できますか?

 

また、

「相対音感は音程が分かる」

と言われていますが、相対音感で音程が分かるのは
あくまでも周波数成分を分析した結果であって、
もし周波数成分の分析を経ずに音程が分かるのであれば、

「転調や無調の影響を受けることなく聴音」

できるはずです。

では、

絶対音感は一体どの層で実現されているのでしょうか?」

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)

(其の十一) (其の十二) (其の十三) (其の十四) (其の十五)

(其の十六) (其の十七) (其の十八) (其の十九) (其の二十)

(其の二一) (其の二二) (其の二三) (其の二四) (其の二五)