「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

絶対音感と相対音感とフーリエ変換(其の二)

 

では、絶対音感や相対音感を身に付けるためには、

フーリエ変換をマスターしなければならないのか?」

と言えば、もちろんそんなことはありません。

絶対音感には臨界期があると言われていますが、

絶対音感保持者は全員6、7才までに
 三角関数微分積分を理解していた超天才児だった!」

・・・と言う話は誰も聞いたことがないと思います。

 

実は人間の耳では(絶対音感の有無とは関係なく誰の耳でも)
フーリエ変換に相当する処理が行われている、
つまり、

「耳自体がフーリエ変換器」

の役割をしていることが既に科学的に解明されています。

この辺りの耳の仕組みは、

「独立行政法人 科学技術振興機構 理科ねっとわーく」

にてCGを使った動画で分かりやすく説明されているので、
関連あるトピックをピックアップしておきます。

「3DCGで見る視覚・聴覚の構造としくみ」より
3.聴覚器のしくみ
3-1.うずまき管※
3-2.聴細胞と神経パルス※
5.音の解析と認識
5-1.聴覚神経経路※
5-2.音源の識別※
5-3.聴覚野※

独立行政法人 科学技術振興機構
 理科ねっとわーく<一般公開版>へのリンクです。

 なお、理科ねっとわーくへのリンクを張る場合は
 必ずこちらの「利用規約」をご覧ください。

※追記(2017.1.11)
 残念ながら理科ネットワークは公開終了したため、
 現在は閲覧できません。

 

では、合成波からその周波数成分を取り出すことで
最終的に目的は達成されるのでしょうか?

音楽的に重要なのは

「周波数成分の個々の値(音の高さ)」

ではなく、

「周波数成分同士の関係性(音の協和)」

つまり、合成波から周波数成分を取り出す処理は
その関係性を分析するための第一段階と言えるでしょう。

 

ちなみにフーリエ変換の結果を分析することを

フーリエ解析

と言いますが、人間が音楽を美しく感じると言うことは、
単に合成波から周波数成分を取り出して終わりではなく、
その次の工程としてフーリエ解析に相当する処理、
つまり、

「周波数成分の分析」

が行われていると考えられます。

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)

(其の十一) (其の十二) (其の十三) (其の十四) (其の十五)

(其の十六) (其の十七) (其の十八) (其の十九) (其の二十)

(其の二一) (其の二二) (其の二三) (其の二四) (其の二五)