「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

17/11/15 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/15)」
17/11/08 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/8)」
17/11/01 「零式相対音感トレーニング~和音聴音 機能追加のお知らせ(11/1)」
17/10/25 「零式相対音感トレーニング~和音聴音」
17/10/18 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の四)」
17/10/11 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の三)」
17/10/04 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(平均律編)」
17/09/27 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の二)」
17/09/20 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(解説編其の一)」
17/09/13 「ドレミを探そう~一風変わったキーボード(純正律編)」
17/09/06 「絶対音感テスト アラカルト(難易度★~★★★★★)」
17/08/30 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音) 機能追加のお知らせ(8/30)」
17/08/23 「40秒でできる絶対音感テスト(ランダム聴音)」
17/08/16 「50秒でできる絶対音感テスト(無調旋律)」
17/08/09 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て(解説編)」
17/08/02 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(8/2)」
17/07/26 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て 機能追加のお知らせ(7/26)」
17/07/19 「たとえばこんな相対音感テスト~転回和音当て」
17/07/12 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(解説編)」
17/07/05 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長音階)」
17/06/28 「たとえばこんな相対音感テスト~音律当て(長三和音)」
17/06/21 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の五)」
17/06/14 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の四)」
17/06/07 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の三)」
17/05/31 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の二)」
17/05/24 「相対音感と因数分解~調は共通因数、移動ドは…(其の一)」
16/09/18 「Web Audio API版 絶対音感&相対音感アプリ メニュー」

長三和音と短三和音の不思議~音程の観測点(其の十)

 

おそらく多くの人は感覚上、

「音程と言う概念が単独で存在している」

と考えているのではないでしょうか?

しかし、

「調性が分かるからこそ音程が分かる」

と言うことはあくまでも音程は調性上の概念、
つまり、

「音程は調性と言うゲシュタルトの一要素に過ぎない」

と私は考えています。

 

例えば音程だけを頼りに、

長3度上→長2度下→短3度上→・・・

と言った具合に音と音の間を移動するのは、

前→右→左→・・・

と地図を見ずにダンジョンの中を進んで行くようなもので、
それではすぐに自分の位置情報(調性)を見失ってしまいます。

一見、音程を頼りに音と音の間を移動しているようで、
実は

「調性と言う地図の上の
 あらかじめ決められたルートを移動している」

そして、その移動距離を結果的に

「音程と言う概念で表現しているに過ぎない」

と私は考えています。

 

そもそも、

「音と言う刺激」

は決して音と音の間、つまり音程にあるのではなく、
あくまでも「音そのもの」にあるはずです。

では、その刺激は何によって決まるかと言えば、
それは音の観測点である

「調、つまり調性上の主音との位置関係」

によって決まると考えられます。

ちなみに調性上の主音からの音程を「音度」と言いますが、
結局和音が持つイメージは和音の構成音間の音程ではなく、

「和音の構成音の音度によって決まる」

と言えるでしょう。

(了)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)