読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

長三和音と短三和音の不思議~音程の観測点(其の四)

 

2音X、Yがコードやハーモニーのように「同時」に鳴ったとき、
XとYの音程を

「和声的音程」

と言います。

また、2音X、Yがメロディのように「別々」に鳴ったとき、
XとYの音程を

「旋律的音程」

と言います。

 

「其の一」「其の二」「其の三」では和音、
つまり「和声的音程」の例を取り上げてきましたが、
今回は「旋律的音程」の例を取り上げたいと思います。

では、和音を分散和音にして考えてみましょう。

 

長三和音の分散和音、例えば「C」において

「c」→「e」→「g」

と言う上行パターンがあったとき、

・「c」→「e」で長3度上がったときは明るい雰囲気
・「e」→「g」で短3度上がったときは暗い雰囲気

を感じると言う人はいますか?

おそらく和声的音程と同様「e」→「g」の進行で

「短3度の持つ暗い雰囲気は
 全く感じられないのではないでしょうか?」

また、

「g」→「e」→「c」

と言う下行パターンがあったとき、
「g」→「e」の進行で短3度の持つ暗い雰囲気は
やはり全く感じられないのではないでしょうか?

 

一方、短三和音の分散和音、例えば「Cm」において

「c」→「e♭」→「g」

と言う上行パターンがあったとき、

・「c 」→「e♭」で短3度上がったときは暗い雰囲気
・「e♭」→「g 」で長3度上がったときは明るい雰囲気

を感じると言う人はいますか?

おそらくこれも和声的音程と同様「e♭」→「g」の進行で

「長3度の持つ明るい雰囲気は
 全く感じられないのではないでしょうか?」

 

実はこのように

「旋律的音程も和声的音程と同じように感じる能力」

が音楽的には非常に重要な能力になってきます。

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)