「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

長三和音と短三和音の不思議~音程の観測点(其の三)

 

長三和音の第1転回形には、

「短3度」と「短6度」

の2つの短音程が含まれているのに対し、
長音程は1つも含まれていませんが、

「転回前と変わらず明るい雰囲気」

を保っています。

 

f:id:raykawamoto:20150909194948g:plain

 

和音の転回を「音程」と言う視点から見てみると、
和音を構成する音程の組み合わせが変化するため、
雰囲気が変化したとしても不思議ではありませんが、
実際には和音の一部をオクターブ上げ下げしても、

オクターブ等価」

によって基本的に和音の雰囲気が変わることはありません。

 

「其の一」では、

「長三和音の短3度」や「短三和音の長3度」

のように

「その音程の性格が影を潜める」

ケース、そして「其の二」では、

「長三和音の第1転回形の短6度」や
「短三和音の第1転回形の長6度」

のようにその音程ではなく、

「その転回音程の性格が顔を出す」

ケースを取り上げましたが、どうやら人間は

「ただ漠然と音程と言う概念を捉えている訳ではない」

具体的にはn個の音が提示されたとき、
数学的には

nC2=n!/2!(n-2)! 通り」

の音の組み合わせが考えられますが、
このとき、

nC2通りの音程を個々に捉えるような仕組みで
 音を認知している訳ではない」

ようです。

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)