「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

長三和音と短三和音の不思議~音程の観測点(其の二)

 

長三和音も短三和音も順番の違いこそあれ、

「長3度」、「短3度」、「完全5度」

と全く同じ3つの音程で構成されていますが、

「長3度と短3度の順番を入れ換えるだけ」

でどうして和音の雰囲気が変わってしまうのでしょうか?

 

f:id:raykawamoto:20150902200105g:plain

 

まず1つ考えられるのは、

「音程の順番」

です。

では、試しに和音を第1転回形にしてみましょう。

「C」の第1転回形

「e」と「g」・・・短3度
「g」と「c」・・・完全4度
「e」と「c」・・・短6度

 

f:id:raykawamoto:20150909194948g:plain

 

長3和音の第1転回形は短3度の音程から始まりますが、
相変わらず短3度の暗さは影を潜めたままです。

しかも、よく見てみると第1転回形では
長3度が転回音程の短6度に変化するため、

「長3度と言う音程自体が存在しません。」

にもかかわらず転回前と変わらず明るい雰囲気を
保っているのはこれもまた不思議な現象です。

 

「Cm」の第1転回形

「e♭」と「g」・・・長3度
「g 」と「c」・・・完全4度
「e♭」と「c」・・・長6度

 

f:id:raykawamoto:20150909195043g:plain

 

短3和音の第1転回形は長3度の音程から始まりますが、
相変わらず長3度の明るさは影を潜めたままです。

また、短三和音の第1転回形でもやはり
短3度が転回音程の長6度に変化するため、

「短3度と言う音程自体が存在しません」

が、転回前と変わらず暗い雰囲気を保っています。

 

こうして考えると、

「音程の順番」

が原因と言う訳ではなさそうです。

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)