読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「絶対音感の終焉」

のんびり気ままにゴーイングマイウェイ ~Blog by 川本零~

絶対音感保持者からの反論(其の二十三)

音感の正体

 

ところで、どうして

「相対音感はトーン・ハイトで音を判別している」

と言った説が広まっているのでしょうか?

 

1つ考えられることは、絶対音感のない人が

「音名当て」

を行う場合、

「相対音感のトーン・クロマは階名/移動ドに対応」

しているため、当然トーン・クロマで直接音名を
判別することはできません。

結果的に絶対音感のない人が音名を判別するには
トーン・ハイトに依存することになりますが、
これが、

「相対音感はトーン・ハイトで・・・」

と言った説につながったのではないでしょうか?

 

また、

「大人になるにつれトーン・クロマへの依存傾向が減少し、
 トーン・ハイトへの依存傾向が増加する」

と言った説もありますが、これらの説に共通して言えること、
それは、

「音名を特定すること」

にその主眼が置かれていると言うことです。

しかし、

「階名を特定すること」

に主眼が置かれれば、当然

「相対音感はトーン・クロマで・・・」

と言うことになるはずです。

みなさんは相対音感について考えるとき、

「音名と階名、
 どちらに主眼を置いて考えるべきだと思いますか?」

 

絶対音感の仕組みについてはその話題性や神秘性も相まって
みんな興味があっても、

「相対音感の仕組み」

については何となく誰もが持っている能力と言う意識からか、
意外と興味を持っている人も少ないのではないでしょうか?

しかし、実際には絶対音感同様、相対音感の仕組みも
科学的にはよく分かっていないのが現状ではないでしょうか?

私が不思議に思うのは、

「音楽的に重要なのは絶対音感よりも相対音感」

と言われているにもかかわらず、
どうしてみんな相対音感の仕組みに興味を持たないのでしょうか?

(次回に続く・・・)

 

関連記事

(其の一) (其の二) (其の三) (其の四) (其の五)

(其の六) (其の七) (其の八) (其の九) (其の十)

(其の十一) (其の十二) (其の十三) (其の十四) (其の十五)

(其の十六) (其の十七) (其の十八) (其の十九) (其の二十)

(其の二十一) (其の二十二) (其の二十三) (其の二十四)